pandorabox

当コンテンツは事実を元にしたフィクションです、真に受けて真似しないでください 個人的な趣向の満足に有効な予測をでっち上げているだけなのでくれぐれも 現実の予測とごっちゃにしないでください 情報というのは個人の利害に有利な事以外で出す意味がないので ここでの文言が有効なのは自分だけの希望的観測に溢れているので注意してください。

ネトゲ、ソシャゲ、仮想経済
1 名前:9

2018/11/17 (Sat) 17:45:12

例え仮想の世界でも人の集団があるかぎり、現実の人間集団と同じ性質が表面化する

197 名前:P

2019/04/19 (Fri) 09:53:57


>>195 原子分子レベルの熱量で換算すると、人間の発揮する暴力の量とは一定ですね。
増えたり減ったり見えるのは、そう見せかけたいだけで、何か隠蔽してるものがあるはずですね。

例えば、自然ルールと社会ルール間の軋轢や戦いというのもあります。
戦う以上は、そういうものにも暴力というのは用いられるわけですし。

以下引用

「空気を読む人」は組織に危機をもたらす、同調圧力のワナ
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/1904/16/news044.html

>もうお分かりだろう。これが「空気を読む人」が「危機」に向かない理由である。

(中略)

>「空気を読まない人」は、内部論理で我を見失った組織を「正気」に戻す、という大事な役割があるのだ。

196 名前:9

2019/04/19 (Fri) 09:07:56

そうなっていくのもあらゆる商品は承認欲求が土台なので違う業界でも関係なく
承認欲求の獲得で人の脳汁の出し方を押さえられると共通の土台に乗せられて
勝負を強いられてしまう

195 名前:9

2019/04/19 (Fri) 09:04:55

神様に恋愛運と金運をトレードしてもらうとか健康を捧げて代わりに恋愛祈願するとか
貧乏になる代わりに病気を治してとかと一緒ですよね

社会性を上げて自然のルールを押さえてもらい一万人死ぬのを無しにしてもらう代わりに
一億人のHPを1割削るとか、HPは寝ても回復しない数値ですが


石油消費を減らせば誰かを爆撃する事も減るのでヤらないだけ自分もヤられないですね
生きている以上誰かをヤるしかないわけですがヤるのを我慢できるものならできるだけ
しないに越したことはないですもんね

毎日十人殺してたけど今は三人で我慢できるようになったとか成長すれば
こっちに飛んでくる弾も減っていくかもしれないですよね


その為にも以下にして脳汁を出すのをセルフサービスしていくかになるけど
いきなり自前率高めるのは無理があるのでなるたけスマートな依存先を選んで
依存先も徐々に撤退していくのがいいんでしょうね

セルフサービスを進めるために他者のサービスやプラットフォームに依存してるわけで
将来通して依存し続けるわけではないですからね

どうせ依存するならエントロピーの低い場所に依存して出来る実力が備えれば
もっと低いとこを目指してもいいですよね


ゲーム業界が据え置き型ゲーム機からパソコンへパソコンからスマフォへと
移行させられているのもエントロピーの低いスマフォのサービスが
エントロピーの高さを許さないからで海外の企業の侵略に押されている証でもありますね

194 名前:9

2019/04/19 (Fri) 08:38:34

>>193
たしかに新しい正解を出さなくても手をつけずに衰えた生活コンテンツを建て直せば
他者のプラットフォームに依存する必要も減ります

ショーペンハウアーが言ってるように世間は客観的なものだけど自己が体験するのは
主観的な世界なので自分の脳汁の出し方さえ主観的に取り戻せば客観的な世界に
貢ぐ必要も無くなるが

パチンコで台を叩きまくるとかドラクエ10の開発者に毎日呪いの言葉を積み上げるとかは
自分の脳汁の出し方を忘れて企業に脳汁を出させてもらってるから自分で選択する権利がなくて
怒りや呪いを吐き出すしかなくなる

政治も同じだけど他者からの脳汁サービス規模が大きくなるほど緩和と締め付け両方で
弱い立場が悲鳴を上げるので相互効果でドンドン崩れて状態が磨り減っていく

規模が大きいほどスケールメリットがでかくなる代わりにスケールデメリットも
巨大化していくので、自分の脳汁の出し方の手数が少ないほど政治もネトゲも
抜けられなくなる


でも自然に返りすぎると自力戦闘が必要になるのでほどほどにしないとということですかね
ヴィンランド・サガでも自然のルールの戦争から戦争を減らしていく社会のルールへの
少しずつ軸足を移していくのが描かれていた


狩猟生活をしていると戦争での略奪行為に疑問を持ちにくいので自然のルールで
生きていると人口が増えていくときに残虐行為に嫌気が差すので家畜を肉にする作業を
代行して生活から排除していくのも社会性の為には正解なんでしょうね

カマトトぶってるおかげで血を流さずに老化を加速させるだけで済んでるわけですし

193 名前:P

2019/04/19 (Fri) 06:52:45


>>192 新しい「正解」を作り出そうとするのは良くない思考の癖と思います。
プラットフォーマーに対抗しうるネットワークなんて机上の空論じゃないですか。

KaiOSがどうなったかを調べてみたらすぐ分かります。
クロームOSに対抗して作られたオープンWEB系のモバイルOSなんですけど
いくらモノが良くてもどうにもならないことってあります。

ネットと競合しないリアルの生き物のネットワークというのは生態系というものがあるので
そこに準拠して生きていけば、新たな正解を発明する必要はないでしょうね。

ただし、自然ルールが正解で至高とするものではありません。

その限度を超えた弱肉強食具合に嫌気が差して、
産業革命のときに自然ルールは放棄したのではないですか。

理屈が単純なものほど、実際に行うのはひどく困難なものなんですよ。

あるノーベル文学賞作家の作品の中に、好きな言葉があるのですが

「人生にはヤるか、ヤられるかのどちらかしかない」というのがありまして

(原典はもっと過激な言葉遣いになってますが、翻訳で表現丸めました)

そういう限度を超えた厳しさの自然ルールって到底人に勧められる生き方ではないですよ。

192 名前:9

2019/04/19 (Fri) 05:39:51

>>191
エンジェル投資家とかが育てた企業がネット上のプラットフォームを押さえたので
テレビだけが楽しみの世代が人生を卒業されたらあとはアメリカのプラットフォームに
貢いでいく未来しかないですね、ソシャゲだけは国内に金を落とせるように守れるだろうけど

一度プラットフォームを占領されたら取り返すのはほぼ不可能なので
ネットと競合しないリアルの人を繋ぐ施設で囲いこむしかない、寺田倉庫の業態が
まさにこれで最初に大金を投じることで人と物、金の流れを呼び寄せる流れを作って
奪われる一方を止めて流れを変えていく事になりますね

191 名前:P

2019/04/18 (Thu) 22:52:25


>>190 >健常者からすればイカれてるとしか思えないが

考え方が違いすぎるので、互いが互いに狂っているという感想しか持てないのでしょうけど
土地を買うときに村おこしというのは、これは他人の金を自分の目的のために使いたいからですね。

値段が上がるように買い物をするというのもそうで、他人の購買力を自分のために使いたいからです。
(cf 金は世間に隠せ、という諺)

だから反発する人というのはなかなか勘が良くて、やはり購買力という能力を奪われているんですね。
処罰のしようのないやり方だし、違法でもなんでもなくて、むしろ健全なインフレを起こして良いことをしているわけですが。

生活権を侵害されている、どうしてくれるんだ、とお怒りの趣旨についてはよく分かるつもりです。

190 名前:9

2019/04/18 (Thu) 12:36:34

山林を買おうかなという話からなんで地域起こし話になっているのか困惑だが
強者の理論は半端がないのでいくとこまでいくしかないのだろうな

そういえばちょっとまえの話題でも出てたけど投資家の中でも真に恐ろしいのは
エンジェル投資家で会社の事業資金ではなく個人的なポケットマネー枠から
とんでもない大金を担保を何ももってねえ人間に、天才っぽいからって理由だけで
貸してしまう所だよね

健常者からすればイカれてるとしか思えないが、だからこそ健常者には越えられない
壁というものがあるんだろうな

大金を持ってる持ってないという事だけで測れない危ない橋を渡る挑戦心とかが
普通じゃない、こういうぶっとんだ強い人には人が寄り集まってくるから
無謀な挑戦でもなぜか勝ってしまう、意識が実現するといっても強い意思しか実現しないのが
この世の常ですね

189 名前:9

2019/04/18 (Thu) 12:23:22

自分の書き込み読み返すと恐怖しかない感じで、ああ~俺ら健常者はこれだから何も掴めないんだな
と納得できた、オワコン化していくとこに投資できず堅いとこにしか金を振れない
自分の場合は労働力かを投入できないので強いものに手柄を持っていかれて負けるわけだな


将来性があるとこへの投資は競合が多すぎて勝っても負けても大きくならないが
将来見込みがないとこに突っ込むほど強者の理論で強いから強くなれますね

人生の勝負で負ける要因は自分の恐怖に負けたからで他人を信じることは
自分を信じることなので自信が勝敗を決めるし保身は全てをくだらなくしていく

自分はこれでいいやという諦めで格差が開くので自分を見限っただけ落ちるわけだ
手堅い安全を求めるほどにしょーもない人生にしてしまうが成功体験が少ないと
しょぼい自分に疑問を持たなくなるから余計に小さくなっちゃうのが悲しいとこだな

188 名前:9

2019/04/18 (Thu) 08:38:34

予定を立てて動けないので何か新しいことを始めるときは既存の価値を否定して
新しい挑戦だけ肯定してそれ以外の時間を潰すことで開始できるわけだが

歩くことの挑戦のために機械工作を否定したから仕事をしなければいけないのに
セルフ洗脳がしつこく残ってなかなかやる気にならない

しかし秩序が保たれた日本で体だけ鍛えるのももったいないような気もするので
もの作りはしないといけないが、履き物と衣服が終わってからのターゲットを
どうするかという問題があるので早めにもの作りの価値の目星をみつけておかないと
行き詰まりそうだ

目的がないと動けないからな、こんなことして意味があるのだろうかという感想を
少しでも抱いてしまうと何もできなくなるので恐ろしい

動くことの意味の獲得こそ命綱だからな

187 名前:9

2019/04/18 (Thu) 08:27:31

予定は未定で行き当たりばったりでしか生きれないから興味が薄れてきた仕事を
気軽に受けると夏休みの宿題みたいに納期余裕でオーバーとかしちゃうから
迷惑かけないようにヤバイ仕事は断る

特にやばいのはパソコン関連だよな、ファイル共有ソフトを見つけたら、ああーまたかよ
ってかんじでやる気ゼロになる、24時間動いているファイル共有のパソコンを直す
これほどくだらない仕事もほかにないだろう

こういうのを警戒してたら繋がりが減ってしまったな、だが将来のない事を
続けても前進の助けにならないのでそういう認識が仕事への興味を失わせるので
続けれない、やはり自分と客双方に未来の可能性を感じれないとやる価値がないしな

見切れないほど落としまくってBD保存が追い付かなくてHDDで記録し続ける
そして熱で傷んだHDDのデータを復旧してくれとかいう依頼

こういう空しいパソコンの使い方が絶滅するまで関わりたくないが
いつかは別の形で地域とは関わっていきたいものだ

186 名前:9

2019/04/18 (Thu) 07:35:11

値下げ交渉されても生きるために仕事するしかないだろうと言われたことはありますね

駄目なら駄目なりでいいんじゃない?というと理解不能みたいな反応されましたが
普通は堅実に頑張るべきなんだろうなと思いながらも、あんまり真剣に頑張ると
設備投資したくなる、設備投資したあとに飽きたらどうすんだよってほうが心配で

外交、営業してこいと言われても、やだめんどくさいとなってましたね
そもそも今興味が出ている作業ですらそんなに執着してなくて、単に依頼があって
わりと興味あるからしてるだけで営業いく気なんて更々なくて

仕事しながら別の仕事の可能性を探ることばかりやってて、やる気あるのか?と
問われればあんまりありませんというふざけた具合なんだけど自分的には
ふざけてないのだけどふざけているようにしか思われなかったですね

そんな三流以下の仕事いつまで通用するか!とか言われたりしたけど
それ以前の話として三流仕事が破綻するまで俺の興味が続くと思ってんのか!
おれがそこまで真面目に仕事続けるような人間に見えんのかというかんじで

いかに見立てが甘いかと、もっと最悪だといいましたね
なぜ皆真面目に同じ仕事をつづけれるのか不思議で仕方なかったな
途中で止めたくならないのかというと銀行の返済があるからとかで
止めれないというのがほんと理解不能だったなあ


仕事事業を順調に続けることが仕事をすること自体の喜びに勝るとも思えないが
皆は安定した仕事と競争に負けない仕事をするよう頑張ってたな
いつでも止めれる身軽さを捨てるほど価値があるとは思えないが皆は止めることを
前提に仕事をしないのだなあと

そもそも毎日働く事自体が理解不能なんだよな

185 名前:9

2019/04/18 (Thu) 07:08:36

>>184
祭りの練習が長すぎて子供の頃から地域行事には参加しなくて、面倒じゃない
地域行事には参加してましたが長い活動に参加してないので住んでるとこの隣組では

○○ツアーなんてないでしょうが、地域の結束のためには色々必要なんだろうとは思います

地域に必要な行事ではなく地域に人を繋ぎ止めるためのしがらみ製造行事なので
無駄な行程は置いといて市単位で必要なイベントの手伝いをすればいいとおもうので
関わらないようにしてましたね

仕事を断れる立場なのかよと言われますが、今経験したい作業ではないので仕方ないね
という感じで別の地域で地域行事に参加してたときみたいに内容が重なる時を
待ってればいいやという感じですね

184 名前:P

2019/04/18 (Thu) 00:43:00


>>183 どこか特定の集団がキモいからと言って、
距離を取ったあなたがキモくないというニュアンスあったら相当詭弁入ってますよ。

(言外に自分はキモくないというニュアンスが臭っただけで相当キモい)

別にキモい消防団の皆さんを弁護するつもりはないのですけど、
私がいちばん関わりたくないのは若い人仕切りのイベント関係になりますね。

楽しみで集まってる集団の割には保身が強くて、しかも陰湿で
確かに年寄りの集団もひどいけど、キモさで言うとかなり勝ってる。

絶対リアルでは関わりたくないので、仮想空間で仮想的に関わるくらいが丁度いい。

そういうわけで、そういうキモさ全開の集団に白紙委任状を出してしまう事態だけは避けたいわけで
私の場合はそこにこそ外交的テクニックてんこ盛りで乗り切りたいと考える方ではあります。

どうして人が集団で集まるとキモくなるかというと、欲望という感情丸出しなので
それも一つの暴力の形態じゃないですか。

一見キモい前振りのネタをどうやってかわすかという、ヒューマンスキルを値踏みされてるんじゃないですか。

外交の現場だと、毒を盛られていると分かっていても拒否できない場合というのがありますので。
それでも人間って外交しないといけないし、生きていかないといけない場合というのがあります。

先んじて一拍子を奏でるという観点では相当に手遅れで、
どうしてそんなことになるまで放っておいてしまったのですか?としか言いようないです。

183 名前:9

2019/04/17 (Wed) 17:00:53

>>182
別の地域に住んでた時には町内会ではないけどイベントをたまにやる組織繋がりで
町内会とかの地域の行事にも繋がっていって知り合いが連鎖的に増えていきましたね

地元に戻ってきてからは友人から町内会に葬式仕切られて葬儀会社も墓の選定も
勝手に決められたとか消防団の売○ツアーとか、町内会長のお願いの順番が
カースト順を守らなくてブチキレてへそ曲げて町内会長の席がいつまでも
決まらないとか、ひどい話ばかり聞いて、きもくて距離を置いてましたね

あと補償が出るギリギリの作付だけして二足のわらじの農家とか
田舎じゃ普通なのかもしれないけど、なんとなく嫌なので関わらないようにしてましたね

○○ツアーが組まれるのは表向きは若い世代は飲み会で組織に縛り付けれないからという事だが
単に海外で○○を買いたいだけだろwってね組織の予算がちょうどいいだけで

地元とは関係ない京都のことですがやたら居酒屋とかキャバクラとかガールズバーとか
普通のバーとかを奢ってくれた人がいましたが、急におもっきし奢ってくれるようになったのは
最近の若い世代は飲みを奢っても感謝どころかやれやれかったるいな位の感想しかなくて

いざ自分が困ったときに奢った相手が冷たかったとかで奢る相手が減ってきたので
こっちにターゲットが向かってきたのですが、あいにく自分も飲み食い奢ってもらっても
嬉しくない方なのでと言ったけど気を使うだけマシなのか、またいこうといってましたね


飲み会の価値が無くなっていくのはネットワークで人と人が繋がりやすくなったのと
インフラが近代化で完成して日本の内需が止まってしまって、税金を使える人間以外だと
わりと大物としか仲良くなる利点が薄いので飲み会も罰ゲームみたいな感じで
飲み会に残業手当て付くんですかと、飲み会が好きな人と嫌いな人との温度差が
出てきますね、それというのもネットワークが少数な趣味を繋げて多様化してしまったので

とりあえずビールというメジャーな価値観に合わせる必要が無くなったのもあるでしょう
科学が発展しないので進歩のなさを、より自分にあった生き方を選んでいくことで
カバーする流れじゃないでしょうか

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
ローテク、手仕事
1 名前:9

2018/11/27 (Tue) 19:57:52

敢えて電気は使わず手間の掛かる方法で、、だって電気石油で加工するほど
作業量ないから、手作業で無理なくらい需要があればいいのだがな

236 名前:P

2019/04/18 (Thu) 22:46:05


脳を筋肉のように使うのと、筋肉や制御回路も脳のように使うのの、両方ですね。
身体に覚えさせた経験知の方が机上の空論よりよほど有意義に動作しますので。

235 名前:9

2019/04/18 (Thu) 19:31:50

電子書籍の割引品を見てたら、脳を鍛えるには運動しかない、というタイトルの本があった
やっぱ血流とか酸素の使用効率の改善とかエネルギーを多く使う器官なだけに運動による
肉体の性能向上は脳の性能に影響でかいのだろうな

234 名前:9

2019/04/17 (Wed) 05:22:56

>>233
昨日漫画読みながらやってみましたが、車が少なくて長い直線でもないと落ち着いて
読めないですね、こういうながら歩きには単語ペーパーを読みながら暗記するのが
向いてるのかな

現実の土地を使って陣地取り合戦みたいなゲームとかもあるみたいですが
歩くことで育つゲームとか、すれ違い通信とかもいいかも

音楽を聴くとか旅のお供的なのがありますが楽しめるのは最初のほうだけな気もしますね

233 名前:P

2019/04/16 (Tue) 22:09:48


>>231 歩きながら本を読むと、どこかに落ちたり変なものを踏んだりするので
記憶力を高める系の勉強をたくさんやっていたそうですよ。

国語の先生になったので、英単語を覚えるなんて言うのはどのくらいやったか分かりませんけど
古典や漢文を暗唱するなんて言うのは、かなりやったのではないでしょうか。

というわけで、二宮金次郎の銅像のような姿ではなかったと思われます。
帰宅の距離がやたら長い帰宅部という位置づけだったのではないかと。

232 名前:9

2019/04/16 (Tue) 19:04:04

今日は家から近いほうの海に行ってきた、流木を手に入れる下見と海水をくんできて
塩でも作ろうかなと思ったのは、水汲みだけでは歩く量が稼げないからだ
夏場は汗をかくのでそいはいかないだろうが寒い時期は5日に一度くらいで水が
足りるので新しい用事を作らないといけないかなと思っている

乾燥させて使える程度の塩になるか分からないが海まで歩いていけそうか
チェックのためにいってみた、六時間掛かって荷物なしでもクタクタだが
歩くのを続けていたら体力もついてくるかという成長を見越して検討中

もう一ヶ所遠いほうの海もあるがこっちはいまんとこ遠くて行ける気がしないが
いつかはいってみたいものだ

どこかに引っ越ししようかとかも考えたこともあったが身近に歩いていけるちょうどいい
距離の海があるこの地域はわりと悪くない場所なんかもしれないな

231 名前:9

2019/04/16 (Tue) 06:41:54

>>230
片道20キロの通学を毎日だけでも凄いですが、歩きながら勉強とか真似できないな
歩いている時間で何かできないかと考えたりもするけど側溝に落ちたりしそうだな

本を読むとかしたいとこだけど歩きながらではちょっと自信がないな
弱めに走って休憩時に読むとかかな、ながら運転というかこういうのも
続けてたら普通にできるようになるのだろうか

230 名前:P

2019/04/15 (Mon) 21:44:15


40キロって普通に歩ける距離ですけど、ちょっと長いですよね。
うちの叔父が高校生の時、片道20キロ超を歩いて通学して(戦時中)

行き帰りの歩きの行程で勉強しているうちに、秀才となって国立大学に進学して
その後中学校の校長先生になりました。

歩きの早さは一般的に時速4キロと言われますね。
私はもっとゆっくり歩いていると思います。測ってないけど。

229 名前:9

2019/04/15 (Mon) 13:19:35

水汲みの距離がなんキロなのか分からないが急いで三時間ゆっくりで四時間程度なので
歩きが時速五キロとして15-20キロくらいだとおもう、40キロとなると八時間なので
ほぼ1日の大半を消費することになるだろうから大変そうだ

とても長い距離だがマラソン選手はこれを走るのだから、なんとか歩きで
日常的に行けるようになりたいものだ、20キロ程度なら歩き方がへただろうが
うまかろうがあまり問題が出ないけど40キロとなるとうまく歩かないと
足が痛くなりそうだな、温かくなってきたので水汲みコースとは別で40キロを
目指すのもいいかもしんないな、海に向かうかな

228 名前:P

2019/04/09 (Tue) 12:53:49


>>226 F1種なんかはその都度工場から直送だから毎回毎回生育のたびにリセットされてしまうので
未来永劫奇形が残るかもしれないのですけど、国道沿いの野草だと自生じゃないですか。

世代を経るごとに、奇形や異常も落ち着いているのではないかと推測してまして
その環境に適応するプロセスで定常宇宙論に則ると、原発事故も進化のチャンスということになるんでしょうね。

昆虫だと3世代目くらいにかけて奇形や異常が増大して行くという研究結果もあるにはありましたが
果たして100世代後がどうなっていくのか?という研究結果も待たれるところです。

(100年かかりますけどね)

心なしか、311以前より野草がたくましくなったような気さえするのですが。
(光合成細菌は放射線で元気いっぱいになるし、光合成が盛んなのでしょう)

気のせいで誤りだと断じれば決定論、確かに違う気がすると思えば確率論で
どちらもそれなりに正しく、しかも大方間違ってるという見解になるかと思います。

227 名前:P

2019/04/09 (Tue) 12:47:00


一応 >>225 の見解には反対意見もありますので、両論併記しておきますと

夜行性だから現生の哺乳類にその機能が失われたという点には反証もあって
光の当たらないところに住んでいる深海魚にはそれが保たれてある。という賛否両論ありますが

やはり哺乳類の遺伝子構造のエントロピーの高さゆえそうなるんじゃないかと
複合的な要因で私は理解してます。

魚の方が遺伝子構造のエントロピーが低いので、頑強性(ロバスト性)があるのかな、とか。

想像の世界でしかありませんが。

226 名前:9

2019/04/09 (Tue) 12:32:37

>>225
そういえば事故後は奇形植物の写真が良く出てたけど段々数が出なくなってきてますね
困るのは哺乳類だけか、ここでもまたシンプルな構造にはシンプルさゆえの強みが
あるっていう事を確認できますね

225 名前:P

2019/04/09 (Tue) 10:44:44


これから書くことってオカルト的で一般的な理解とはなってないかもなんですが
放射線に被爆して遺伝子構造が切れたりして困るのって一部の動物だけらしいんですよね。

一部の動物っていうより、哺乳類だけらしくて。

他の生き物は植物とか細菌類とかなんでもそうですけど、
日光に当たっているだけでそういう遺伝的なエラーって蓄積させずに治してしまう機能があるらしいです。

原始生命体とか、生物の共通祖先が光合成細菌やメタン菌周縁なのだから
すべての生き物が当たり前に持ってる性質ではあったはずなんです。

そういう研究論文ってあったか、なかったか?良く思い出せないのですが

ところが、ごく初期の小型の哺乳類というのはすべて夜行性で
これはすぐに捕食されてしまう運命にあったから、夜しか活動できなかったからです。

それで数十~数百世代を経るうち、この日光を浴びたら遺伝子を修復する機能が
あっという間に退化してしまって、現代でも我々哺乳類はそういう機能を持っていないらしく。

(根拠やソース、探してあたってみてください。私はどこで見たか忘れてしまった)

歩いていると鼻水がたくさん出てくるという、国道沿いにはきっと草花が生えていますよね。

エアクリが空気をたくさん捕集して集塵しますから、浮遊した放射能なんかは相当捕獲されるはずで
一部は排気ガスから出てくる関係で、国道沿いの結構植物の植生が変わったと報告する人はありましたよね。

でも、それって一世代か数世代に限っては花のつき方や実の付け方が異常なこともあるけど
植物だったら世代を経るごとにだんだん治っていくものらしいんですよね。

311後数年はスーパーにも不思議な形の野菜や果物が並んでましたけど
そういうのも種を採って植えて育ててみれば、数世代で元にだんだん戻っていくはずなんですけど
あいにく遺伝子組み換えだと、そういうことやって確認するわけにはいかないですけどね。

(だから一代種は食べない方が良いっていう教訓にもなります)

哺乳類のように他者から有機物を奪って食べるタイプの生活スタイルに
かなり強い淘汰圧がかかってきたのが昨今の傾向と言えるのではないかと。

224 名前:P

2019/04/07 (Sun) 21:10:26


>>222 では頭の老廃物と書かれていますけど、私の場合は首の回りですね。

首にも様々なリンパ腺とか甲状腺とか通っていますので
老廃物が集中しやすいのかもしれないです。(老廃物が多ければ炎症起こして発熱もするかも)

だから歩くほかにも、洗濯ものを手で洗うと上半身のリンパ液の循環が促進されますが
問題はこれが腎臓に集中したときに、処理しきれるか?って問題です。

自分の身体に聞いて相談してみるしかないかもわかりません。

223 名前:P

2019/04/07 (Sun) 21:05:58


>>222 その状態って良い兆候かもしれないけど、
腎臓の老廃物処理能力が飽和していて、皮膚がそれを代行している状態かもしれず

老廃物の処理が間に合っていないのだとしたら由々しき問題です。

(断定しないのが法律対応:両論併記・一般論)

上手く分担しながら効率よく処理しようと自律神経が自立的にジャッジしてる
さじ加減ならそれは良いこととするしかないのかもしれませんが。

でも、老廃物を何も処理しないでため込んでいるよりはずっとマシですね。
日々の仕事や生活に追われていると、そういうことさえできなくなってしまうわけですから。

それで気になるのは腎臓の状態ですね。
沈黙の臓器なので様子と言っても自分では分からないかもしれませんが。

222 名前:9

2019/04/07 (Sun) 09:07:41

>>219
足からの老廃物は体を洗う回数が減るほど増えていくように感じますね
頭もそうですが風呂で体をゴシゴシ洗うことをしなくなったら老廃物が
頭と足に集中していきそこだけ洗っていれば体が痒くならないし洗わない事による
不快感も出なくなっていく

そのかわり足からでる老廃物は増えるけど、これもまたホームレスに役立つマニュアルかと

2011以前はティッシュ使ってたけどティッシュの消費激しくなって布に変えたね
洗って何度も使えるから、外で歩くときは土のある場所に鼻水飛ばして布で拭く
という形で使用済みティッシュをポケットに搭載するにも限度がきたってのがあるな

まあそんだけ空気中にもりだくさんってことなんだろうね

くしゃみとかも、出す必要があるから出してるのを無理に止めても問題は悪化する
ばかりというのが政治っぽいね

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
帯域と遅延
1 名前:9

2018/11/07 (Wed) 21:39:54

Pさんの書き込みが止まったので、以前言われてた後で消してという内容に合わして
一旦削除する事にしました

84 名前:9

2019/04/15 (Mon) 00:13:14

>>83
世間が騒いでないから被爆は気にしないし、世間が電気を使い続けるから自分も
使い続けるというように思考判断を社会に委ねているので自分自身で考えないし
判断も決断もしないという感じですね

健常者の行動パターンって大きな変化が起きるまで佇んでいるイメージありますね

83 名前:P

2019/04/14 (Sun) 08:21:38


>>81 >いまの困窮は送らなくていとこに金を送って送るべきところに送らないからですが

大事なことなので、何度でも書こうと思いますが、
電気使っておいて原発反対はないもんだと思うんですね。

金を払った人の責任ってあるはずで、第一義的には電気料金を払った人が
原発事故の責任を負わされるって、基本的な資本主義のルールだと思いますね。

泣いても喚いても誰も代わってはくれない、重い責任だと思います。

82 名前:9

2019/04/14 (Sun) 07:47:12

自分で価値を決めれないし価値を産み出せないので突っ込みすぎて飽和しきった
車とか家とか共認を得られない場所に必死に突っ込んで共認を得られず
全く御苦労な事ですが、国債お陰で仕事ができている恩が人を縛るので消費を
自分で選ぶ権利がないというか

働けるのも国債の力なので稼いだ金を国債を支える事に使うことが既に決定しているのでしょうね
人は一人で生きていけないから選択する自由もあまり持てないということですかね

81 名前:9

2019/04/14 (Sun) 07:41:36

>>80
労働者が労働売りばかりして供給過多で給与が下がるようにAI導入すれば雇用が減って
まずいとわかっても同業者がAIで抜け駆けしたら競合社はまきこまれてやるしか
無くなっていくように労働者の敵は労働者で貯金ばかりして使い方が下手なせいですね

いまの困窮は送らなくていとこに金を送って送るべきところに送らないからですが
キョロ勢は自分の価値基準が無いので仕方ないですね

80 名前:P

2019/04/13 (Sat) 09:02:12


>>79 それに引き替え健常者同士の共認の盛り上げ大会ってコスパ悪いですよね。

今や中小企業でもRPAというAIの事務員を導入しようかと検討されることが多くなってます。
もちろん比較対象になるのは、人間の(特に健常者たる)一般職の社員です。

AIの場合は、年数が経過するごとにコストが下がっていくんですね。
導入時のコストも償却されていく以上に、ハードウェアの調達コストが年々下がっていきます。
(ムーアの法則で)

それに引き替え人間の一般職の社員の場合は、年々パフォーマンスが落ちていって
コストが上がっていくから、お金払う側からするとコスパ悪いってなってしまうんですね。

だからって人間をどんどん首にして良いということにはならないと思いますが
お金払うのってそれだけ大変なことでもありますよね。

79 名前:9

2019/04/13 (Sat) 08:12:21

>>78
アスペな人と関わった事があるので人間関係を利用するは覚えがありますね
一通り出会った人間とつるんで人間関係を消費しますが言葉や行動で振り回して
段々と反応が悪くなってきたら親にあることないこと吹聴して関係を遮断するとか

コスパいい運用してますね、人間関係も無限に沸いてくるわけでもないので
新たな利用先を開拓するために、人前で突然崩れ落ちる演技をして新しい
人間関係の発掘に余念がないですね

こういう演技をしてシカトされると健常者はつらいですがアスペな人はたいした
ダメージを受けずに今日は釣れないなくらいの感想なのかもしれませんね

良くも悪くもマイペース

78 名前:P

2019/04/12 (Fri) 22:34:22


>>77 健常者は自信なんて持ったらいかんでしょう。
天狗になったと言われていじめられますから、根拠のない不安におびえてないと。

逆に発達障害者は人間関係を利用するのであって、依存はしませんね。

どの本だったか忘れてしまったので引用と提示ができなくて申し訳ないけど
アスペルガーや自閉症者の家族の人物像についての描写がしてある本や教科書を見てみて欲しいのですが

家族同士の結束が固くて、互いに協力し合い理想的な家族に見えることがしばしばらしく。

(健常者から見ると嫉妬したくなるほど良い家族であることがとても多い)

でも、自閉症者本人はそれを認識することがなくて、一方的に利用することはあっても
その人間関係に執着することはまれで、愛着を持ったとしてもたいへん希薄だと言われてます。

もちろん自閉傾向ある人でも、家族を大切にする人はたくさんいますけど
それは健常者とずいぶん意味合いと位置づけが違うんですよね。

家族を大切にするのは有用性が高いからで、いつでも有用性から人間関係を考えます。
だから可用性が低くなればいくら家族でも簡単に切り捨てます。

だから足の引っ張り合いとかとは無縁ですけど、良くも悪くもドライですよね。

自閉的な人ってそういう生き物なので、非難したって意味のないことですが。

77 名前:9

2019/04/12 (Fri) 21:58:22

>>76
根拠のない自信ってちょっと羨ましいとこありますね、物事の成否に関わってきますから
根拠なく自信を持てないからこそ小さな成功を重ねたり、他人の勝ち馬に乗るなんて
ジンクスに頼ったりしますからね

社会性を増すほどに根拠や理屈が必要になって根拠や理屈で必要以上に卑屈になって
苦しむ人もいますしね

根拠の無い自信は人間関係に依存してない証ともいえますかね

76 名前:P

2019/04/11 (Thu) 08:09:22


健常者はお金の何に価値があるかなんて考えませんから、
持ってると皆が褒めるから大事にしてるだけで、皆が褒めなくなれば別のものを大切にします。

それで金融業界の人々というのは、ただの紙切れにどういうロマンを持たせるかに腐心しているわけで
これまた健常者とはずいぶん異なった属性の人々だとも思います。

一方、自認や自信に関してはどうでしょう?
ミスター・ビーンなんて失敗ばかりしてるけど、いつも自信たっぷりじゃないですか。

自閉的な傾向が強ければ強いほど、根拠のない自信を持ってる人はたくさん見かけます。

福祉作業所とか、そういう福祉関係の施設からお出かけしてる人々なんか見ると
自閉的な人ほど自信たっぷりに見えます。

ややもするとミスター・ビーンよろしくちょっと横柄でエラソーだったりする場合もあり。
それって健常者に対しては優位な点で美徳だと私は思って評価してます。

なんでそんなに自信があるかというと、まだその日は大きな失敗をしてないから、
とかそのくらいのことなんですけど、そういう小さいことに大きな自信を持てるんですよね。

75 名前:9

2019/04/11 (Thu) 07:14:22

>>72
大多数が認める価値に共感できないのでたしかに健常者ではないのかも

金とか複数の女とか堅実で即物的な価値を求めると堅実な歩みになり自己の成長世幅が減るので
やるほどに貧乏になるようなロマンを持つことが成長可能性を開拓して強くなれる
気がするのですが、まったくそういう話は噛み合わないですね共認が危険にさらされるので

金は何をするにも必要なので否定はしませんが金が目的という考えにはついていけず
金稼ぎも大事なんですが、付き合いがなかなかできないですね

やはり金は金の為じゃなく何か価値あるものを得るために投入するもので
金を終着点にするのはロマンがないですよね


プライドかあ、目標がしっかりしてればプライドを手放して自由にやれるかもですが
自認の少なさか相手によっては手放せないですね

自認を増やして強くなればプライドに左右されないんでしょうが自認を得るには
自認がないと鍛えにくいという幸福になるには幸福でないといけないみたいな
そもそも論になるので、やはり日頃の地道な積み重ねですね。

74 名前:9

2019/04/11 (Thu) 06:18:33

>>73
空気は汚くて歩いていても見れる風景はないですが、春だけは桜が咲くので目の保養が
できますね、音も車の雑音ばかりだけど山付近とか峠あたりは、晴れの日に鳥の
はしゃいでるような声が聴こえますね

自然の良さに気付いてきたら不便で人が引き払った地域に住みたくなりますが
仕事の種類によっては都市部にも足を伸ばせる山とかがいいかなとか
色々迷いそうですね、寒いの苦手なので沖縄付近を目指すとかw

73 名前:P

2019/04/11 (Thu) 02:25:18


>>69 せっかくお尋ねなのでお答えしますが、

音楽の場合元になっているのが自然に鳴っている音の響きであって、
当然のことなのですが自然環境が豊かな所では音楽を聞く必要がないんですね。

元ネタの大自然が豊かに音を奏でていますので。

これは山に花がわんさか咲いているところに、
花を買ってきてまで飾る必要が(宗教の勧誘等除いてw)ないのと同じで

絵画も同じことですね。窓の風景が充分に美しいものであれば
絵をわざわざ買って飾る必要ないです。

それでこういう音楽とかは基本的に先進国で都会で楽しまれるものですが
(環境がキタナイから)先進国間の比較で言うと、
日本以外ならもっとマシなものが聞けることが多いのではないでしょうか?

(注:良いものが聞けるとは言ってない)

72 名前:P

2019/04/10 (Wed) 23:02:15


>>71 その通りでこれって戦争なんですよね。

その健常者の方は「自信(自認)がないから共認を与えろ」と強要しているので
それを断ったらメンツをつぶして相手のプライドを傷つけてしまう。

社会常識に準拠すると「そんなことないです、あなたはすばらしい人です」と誉めないと会話にならない。
それをやらないと村八分になります。

そして、このプライドというのがまた厄介で
実力のない(低い)人ほどこのプライドという自我が肥大するんですね。

実力のある(高い)人は自分の実力に応じた自信を持つだけですから。

自信のない人には高いプライドがあって、口では自信がないと言っていても
その自我の欠損を他人に埋めるように強要しているだけで、取扱いには注意を要します。

と、いちいち言葉で書いて説明を要するってことは、やっぱり健常者ではないんですよ、きっとw

71 名前:9

2019/04/10 (Wed) 18:33:13

>>64

>>(専門家がそんなこと聞くなよ!?って意味でも二度ビックリですが)

この事はなんかデジャブというかもっと程度の低い問題ですが似たような体験はありますね

最初からどちらの選択を選んでも被害が出ておまけに得になる選択が存在しない
困った状況、普通の社会人なら嘘を適当に並べてお茶を濁して終わりですが

自分の武器を研ぎ澄まさないといけない分野の話では方便で片付けられない問題で
相手に止めを刺すと分かっていても妥協して事実を歪め発言をすると

大事な何かの精度が危険にさらされるというか純粋さが失われるような気がするので
波風立とうがどうなろうが譲れない領域ってありますよね

言霊なんて実質機能不全している昨今ですが他人は騙せて自分だけは騙せないので
事実を事実のまま言うしかないですよね

皆には理解されない事柄ですが、そういう意地というか矜持というか認識は
曖昧さや替えの効くものではないですからね


宴会とか飲み会とかは常識的な社会性に汚染されるリスクがあるので
安全そうな相手以外は全部蹴りますね

外交力で跳ね返せる強さがあれば誘いを受けていくほうがいいのでしょうが
下手なのでぶち壊すか飲み込まれるかどっちかになりますね

というか相手の思想が俗すぎて目眩がして付き合う気力がわかない
というのもありましたが、ほんとは外交できた方がいいのでしょうけどね

70 名前:P

2019/04/10 (Wed) 00:31:21


>>68 音楽も料理も提供する相手がいなければ即捨てるしかないわけですので
いちばん昔のやり方が通用しない分野になるのではないかと思いますね。

だからといってやってる本人がそれを潔しとしない場合もあるわけで

「羊の皮をかぶった狼」方式で、だまし討ち的に現代的なプラットフォームで
昔のやり方をこっそり残していくような人はたまに見かけます。

武蔵じゃないけど「おぬし、できるな!?」という心境になることもありますが、稀です。

その懐石料理のテクを見せてやろうという意気込みだった方は
コンビニで売る販路とか、電子レンジで食べれるフォーマットになっていれば
もう少しだけ伝統的な技術の保存ができたかもしれないですけど、
結果は似たようなものだったかもですね。

それで第三の道として海外に活路を見出すというのがあります。

日本食は東京オリンピックを控えて世界中で流行ってますので
日本で妥協するくらいなら、海外で現地化するのも妥協ですけど
技能の継承という点では意味のあることだと私は思いますね。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
サバイバル プチマニュアル(ホームレス)
1 名前:9

2019/04/07 (Sun) 09:18:02

ホームレスになるわけでもサバイバルするわけでないけど、いいなと思った情報
まあ必要はないんですがやってみたいかなとかいうあれ

2 名前:9

2019/04/07 (Sun) 09:35:53

魚醤の作り方、タッパーなどに小魚をいれて魚が埋まるくらい塩を入れる
どろどろになるまで発酵させたら液体だけ布で縛って搾る、魚醤の完成

海で魚釣りする機会があれば一回やってみたいものだ

脂の取り方、これは狩猟してないとやりようがないけど
動物の肉を食べ終わってから残りの骨を砕いて鍋で煮立たせる
脂が浮いてくるので掬って集める

小皿にこの脂をいれて縄を入れれば行灯、木に布を巻いて脂を染み込ませればタイマツと

どちらも自殺島という漫画で紹介されてた内容

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
食べ物
1 名前:9

2018/11/07 (Wed) 22:42:01

輸入の小麦粉には国内で禁止の農薬や防黴剤が入ってるそうで、もしかしたら
非加熱で食べると腹痛もこれのせいかな、海外への輸出に制限を掛けられない様に
輸入にも制限を掛けずに健康を担保に外貨を獲得して国を守っているわけで

体を切り崩して通貨を得るのが近代国家の常識でやはりお金が大事という事で
金があれば安い輸入ものを食べる必要は無いが今は放射能で汚染されているので
どっちがマシなのかよくわからん状態だよね

何かを得るには何かを犠牲にしないといけないので等価交換でフェアーで文句は無い
要は取り分を減らせば蓄積する毒物も大した量にはならない

にしてもジャガイモを引き立てるためと燃料の節約でパンを焼いているが
できればもっとマシな主食が欲しいとこだま

小麦粉の防黴剤がすごいのは製粉したあとだから必要なので製粉しないままの
麦とか玄米のようなものがあればいいのだが、胚芽付だとこれまた残留農薬が
凄まじいとかになるのだろうな

なかなかうまい話はないものだ

105 名前:P

2019/03/28 (Thu) 22:10:23


美術品は見ても違いが誰も分からないということになってしまったけれど
音楽は歴史的に、誰でも分かるために簡単なやり方に改革するってことを何度かやってます。

(一般的には舞台芸術が大衆化していくという文脈で説明されるあれこれです)

もちろんバッサリ切り捨ててしまった部分にこそ味わいや価値があるので
功罪両面から検討されるべきことだと思いますが

モーツァルトも小室哲哉のようなものだったはずで、どこが?というと
誰でも実際に音を出して演奏できるくらい簡単な仕組みで作った音楽を流行らせたというところです。

そこまで大胆に単純化した音楽に聞く価値あるか?という点については
功罪両面があるとは思いますが、

自分で演奏して気持ちよくなるという潜在的需要を発掘して流行させたという
歴史的事実は不動のものだと思います。

104 名前:9

2019/03/27 (Wed) 10:29:06

>>103
想像以上に堅実な運用なんですね芸術って、そこまで手堅いものなら普通の経済と
あまり変わりがないように思えますね

103 名前:P

2019/03/26 (Tue) 21:30:03


>>102 そもそも論で言えば、近代美術の値段が上がって権威化するのも、

元はと言えば油性ペイントの一種である油絵なんかは
ただ表面を化粧して誤魔化しただけだと素人には分からないからですものね。

最近完成したばかりの現代の作品だと、ある日塗面がごっそりはがれ落ちて
作品が台無しになってしまうかもしれない。

少なくとも数十年経過している近代の作品なら、きちんと下地が作られて
塗装もきっとくっついているだろうと期待と推定ができるから

多少高くても、買うとき安心というだけのことだったはずですから。

見ても違いが分からないから、管理技術から衰退するの法則じゃないでしょうか。

102 名前:P

2019/03/26 (Tue) 21:06:23


>>101 ヘビメタは音大じゃなくて、専門学校で勉強するようでしょうね。

でも、それは権威によるものではなくて、指導法がないってだけで
ノウハウが構築されるほどの資料数が時代が浅い関係で蓄積されてないだけのことです。

そういうわけでジャズだったら音大で授業をしている場合もあります。
(歴史的な時間の経過のおかげで、人に教授できるほど資料が蓄積してきた)

ただし、そうやって習ったジャズというのはもれなく模倣であるわけで
果たして即興演奏の模倣って、やって意味があるのか?と言う問題はついて回ります。

最近は学校で習ってプロのお坊さんになる人も増えていますが、
そういう人が読んだお経をありがたいと思うのが難しいという問題にも似ていると思います。

学校で習ったお経ももれなく模倣であるわけですから。

101 名前:9

2019/03/26 (Tue) 12:38:19

>>100
音楽業界の事を知らない者としては音楽大学の授業でクラシックが多いだけで権威と
思っちゃいますね、音大で今日の授業はヘビメタやりますなんて展開はあり得ないでしょうし

音楽の学校なのに授業受けるだけでは音楽の仕事できないとか
芸術関係は需要と供給の都合で難関ですね

100 名前:P

2019/03/25 (Mon) 21:14:26


>>98 クラシック音楽が盲目的に権威づけられてるという傾向はあまりないと思いますけど
たまたま小沢征爾ひとりが偉かったというだけで、
クラシック音楽全体が評価高いということはあまりないと思います。

むしろ音大に行った人はクラシックしかできないから、それしかやらないという
やむを得ない措置として行われているところが大きいだろうと思うのですが。

やはり現代の流行の音楽の方が人気があって売れているし、
そちらの評価の方がずっと高いだろうと思うし、上手な人も少しはいる。

世界中で夏フェス等の音楽イベントは盛況だそう、というのもあります。

美術品の方は、上がっているとはいえ現代アートは人気がまだまだで
出遅れているのですから、そちらが上がってきて活況となれば
似たような健全さが市場原理によって醸成されるかも、という期待はあります。

99 名前:P

2019/03/25 (Mon) 21:02:32


>>97 醸造用アルコールで発酵をダメ押しで止めてある場合もダメですね。
(納豆には入れてないと思うけど)

買ってみて美味しかったしょう油とか、拡大培養できたらいいのにと思って
やってみようとしたことありますけど、歩留まりが悪いんですよね。失敗が多い。

なんだかF1種の野菜果物のようで、気分が悪いですが、仕方ないです。

発酵が進んできて、自然にアルコールが出てくる場合もありますけど
それって発酵する原料も乏しくなってきたサインでもあるから
アルコールを飲んで代謝して、発酵の仕事をしなくなるんですね。

ちょっと人間のようでもありますけど。

そういう自然現象を逆手にとって、発酵がまだまだでも人工のアルコールを入れれば
賞味期限を延ばして、シェルフライフが伸びるから、値段を下げられるって考えたのでしょうね。

98 名前:9

2019/03/25 (Mon) 18:21:33

>>95
金目当ての人間が入って来れないようにちゃんと管理されてるんですね
クラシックを盲目的に権威づけするのとこか美術学校のあれもにたようなかんじですかね

模倣では芸術に進めないので大変ですね

97 名前:9

2019/03/25 (Mon) 18:13:56

>>96
やっとかびた部分をあらかた食べ終わりました、今度は乾燥気味で管理してみます
暖かくなっていくので水気が少なくてもなんとかなるだろうと見越して

かなりまずかったけど労働で空腹後ならいけますね、まずいといっても雑草よりは
少しだけマシですし

売り物を発酵の元種にすることがそもそも厳しいですかね

96 名前:P

2019/03/25 (Mon) 08:07:08


>>93 店で買った食品の発酵が弱いのは食品衛生法とかの法律対応で
消毒・殺菌のし過ぎなんだと思いますよ。

予め大量殺戮しておいて、そのあとで細菌を増やしたいって、それはないよな、と良く思います。

95 名前:P

2019/03/25 (Mon) 08:04:15


>>94 やっぱり近代美術の「供給」というと、老舗オークションとか
老舗の美術館とかのいわゆる「権威」が厳しく選別して制限していますよね。

(残存価値が希薄化しないため)

経済危機の連想から、現物投資がすごく盛り上がってるとはいえ
やっぱり美術品の投資って株や為替に比べると市場が小さいわけで

現存する作品の残存価値がほどよくインフレしていくように、
現代アートの中から近代美術に選抜される作品はすごく少ないと思います。

それで村上隆の有名なフィギュアが16億円で売れたからって
初期のコレクターが雪崩を打って売却に走ったりしないはずで、

供給が多すぎると値崩れする恐れがありますから、
じっくり保有して値上がりを待っていることと思います。

だから、近代美術に似せた作風で現代人が絵を描いても決して近代にはならないわけです。
大手ゼネコンがピラミッドや中世のお城を建てても、歴史的建造物にならないのと同じです。

モーツァルトやベートーベンも新譜をリリースするときには
小室哲哉と同じく、当時の流行音楽というのを発表していたわけで

御伽草子のように、新作発表当時から「むかしむかし、あるところに」
という作風ではなかったわけです。

現代アートというと、そのほとんどがガラクタとしか言いようのない作品ばかりですが、
そのガラクタの中から長期の保存に適するものを、近代美術として選ぶ過程があって、

それが現代アートから近代美術に昇格する唯一の供給源なんです。
作った当時はガラクタのようなものを制作するしかないんです。

(近代の作風に似ていても、何の価値もない)

ピカソの絵もそういう作品群に選ばれる手続きを経て
現代アートから近代美術となり値段が高騰したという歴史があります。

94 名前:9

2019/03/25 (Mon) 07:25:29

それにしても美術品の価値が金持ちの蓄財場所としての需要を満たすためだけに
高まったという事はそもそも美術品自体に確固とした価値がないということで
それは美術品以外でも言えることでとても残念な感じもするが

行動するものだけが価値を産み出せていくこともであるので虚無感もあるが
自分で価値を作れる可能性もあるので差し引きゼロかな

93 名前:9

2019/03/25 (Mon) 07:20:32

大豆の発酵がいまいちな時に発酵がすすむように水気を追加したら黒と青カビが生えた
臭いし不味くなるな、常温自然環境で発酵を管理するなら乾燥気味で扱う方がいいのかも

それも最近の納豆は臭わない納豆なので弱い納豆菌の種類なのでカビに侵略されるのか
納豆菌水のなかでも糠に含まれた善玉菌に砂糖を奪われる始末だし
藁から納豆菌を培養しないと強い納豆菌は育たないのかも

92 名前:P

2019/03/18 (Mon) 21:41:49


>>91 美術品一般と拡大できる話ではないですよ。
あくまで老舗オークションに出てくるような、近代の作品の話です。

そして、通貨に似ているというのは同意で、
現代では様々なものが証券化された市場がたくさん創出されたから、
そういう需要は盛り上がったかもしれないけど、分散されがちだとも思います。

一方、現代アートというのは作品以上に、作家本人を育てて応援できる醍醐味がありますから
まったく投資としてのうま味や妙味が異なります。

それで、近代の場合は近代美術とか近代芸術と言って
現代の場合は現代アートという分別があり、現代芸術といったらちょっと変だと思いますね。

(意図的な誤用の場合もあるかもしれないけど、もれなく違和感はある)

そういうわけでニューヨークのMoMAには現代アートのフロアもあるけど
私はそういうの不快感あるので、現代のフロアはそもそも見ないですね。

(入場料を自分で払ってたら見るかもしれないけど)

そのココロとは、なんで近代の美術館に現代があるんだよ!?というもので
回転寿司でハンバーグやソーセージが流れてくる不快感に似てますね。

91 名前:9

2019/03/18 (Mon) 13:16:14

>>90
ということは美術品とは金持ちが価値をつけるから価値のあるものだということですか
そういうことなら作者死後評価されるというのもおかしなことではないのですね

昔から人の需要には限界があるので投資投機さきとしての価値の創造が必要だということかな
誰かが破格の値段をつけるので後に続くものたちも相互作用で価値の創造を繰り返し
元々なかった場所から大きな投資先を作り上げる共同幻想で要は貨幣と同じですね

価値を認める人が続くから価値が生まれるわけで元々の物自体には確固とした
価値はないですからね

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
自家発電
1 名前:9

2019/03/28 (Thu) 07:07:35

Android等のinux系のosが広まって消費電力が大きく減らせる可能性が出てきたので
エンジンやソーラーパネルだけでなく人力でもそこそこいけるのでは?
という期待でACーDC変換とバッテリーへの充電をなんとか安く揃えてみる

緊急時のエンジン発電やソーラーパネルも一応考慮にいれておく

2 名前:9

2019/03/28 (Thu) 07:22:40

一番身近な発電機といえば車のオルタネーターだが交流の電気を発電するので
直流にレギュレーターで直流に変換してから充電しなければいけない

そしてまた直流を交流に変換しないと電化製品には使えないのでロスがあるだろうな

人力では気張ってもせいぜい200Wくらいにしかならないので発電しながら直接
交流で使う場合は200w以下の機器にしか使えないし200Wは高効率のオルタネーター
の場合だから実際はもっと下回る、照明なんかは余裕で使えるだろうが照明が
必要な時は作業か読書等別の事をしたいときなので実用できない

発電して半田ゴテでパンを焼くというより熱を通すという感じだができれば
面白いだろうな、発電した電気をショートさせて炭水化物を加熱できれば
日照がないと使えないソーラークッカーとかより便利そうだが
そんな都合よくはいかないだろうな

そして難関は回転数を上げるためのギヤボックスをどうやって用意するかだな
自転車で回すのがメジャーだがトルクより回転の空回りで人力をうまく電気に
変換できてないのでゆっくりと強い力を歯車で高い回転数にしなければいけない

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
心も脳内分泌にコントロールされる物理的なもので物質なのでエネルギー
1 名前:9

2018/11/16 (Fri) 22:39:51

心もある程度物理的に左右されるので感情の扱いも無料だからって軽く考えてはいけないね

176 名前:P

2019/03/23 (Sat) 21:22:39


大事にされるというか、虐待されないで育つとどうなるかというと、
共感に関わる神経の本数が増えるようですね。

但し、発達障害者の場合と同じく、神経の本数が多いからと言って
当然に上手に使えるということではないです。(練習が必要)

それは共認の獲得で悪戦苦闘している現実の人々の苦悩を観察すれば一目瞭然ですよね。

以下引用(出典Newsweek)

>一方、意思決定や共感などの認知機能にかかわる「前帯状回」からの神経回路は、
>被虐待歴のない人はたくさん伸びているのに、虐待を受けた人はスカスカの状態だったそうだ。

175 名前:9

2019/03/22 (Fri) 23:03:38

>>174
攻撃を頻繁に受ける環境に体が対応するのですかね、ということは大事に保護されると
何をしても伸びにくくなったりするのかな

そういえば昔は家業の手伝いが虐待並みに盛り沢山な時代もあったでしょうが
そういうほうが強い子に育ったのでしょうね

174 名前:P

2019/03/22 (Fri) 22:39:08


最近のニュース記事で興味深く読んだものですが(書評みたいになってる)

「虐待が脳を変えてしまう」脳科学者からの目を背けたくなるメッセージ
https://www.newsweekjapan.jp/stories/technology/2019/03/post-11866.php

以下引用

>タイチャーらが、虐待を受けて育った人とそうでない人との神経回路の違いを調べたところ、
>身体感覚の想起にかかわる「楔前部(けつぜんぶ)」
>(ここには感覚情報をもとにした自身の身体マップがあると言われる)から伸びる神経ネットワークは、
>虐待を受けた人のほうが密になっていたというのだ。

引用ここまで

それなら、幼少期の虐待って悪いことばかりではないね、と思ったのでした。
(虐待の悪い側面については記事中でしつこいくらいに強調されてる、有名な話)

記事の趣旨と違う話だから、意図的で不適切な引用になるかもしれないけど
それで身体感覚の神経回路が充実するのだったら、虐待を受けた子供の方がどんな習い事でも上達するだろうし、

才能あるからトレーニングしてみたい、と思ってしまう方なんですよね。

173 名前:P

2019/03/14 (Thu) 21:49:42


>>172 ご名答だと思います。

時代にもよりますが、古い日本語では「見」というと
そのフェイントとか目くらまし(=統計のマジック等)に騙されて
間違った考えや意見を持った状態という意味でつかわれることが多く

あなたは仏教徒だから108の煩悩とか四漏(欲・有・見・無明)
とか詳しいと思いますが、かように古い時代においては否定的な意味しかありませんでしたが

能が室町時代にはじまり、舞台芸術が娯楽として栄えてくるに従い
この「見」という意味もフェイントや視覚効果に騙されると言っても
それが舞台やお芝居の普通の楽しみ方じゃないですか。

それで否定的な意味合いが薄れて行ったという理解をしています。

それで宮本武蔵の時代はこの能や歌舞伎が盛んだった時代より最近なので
恐らくは「木を見て森を観ず」くらいの意味で使っているだろうと思いますね。

(誤字については意図的な誤用です)

172 名前:9

2019/03/14 (Thu) 08:57:54

>>171
観の目強くは虚実(フェイント)に乗せられないようするためとかですかね
ガマクをかけて重心を見た目と反対の足にかけるという技があるそうで
漫画で見たのですがw

皮膚感覚射程を伸ばしたようなものわかりませんが、感情が嘘やデマに乗せられやすい
元になるという点で似てるかもですね

どちらも研ぎ澄まされた能力ぽいので普通に生活してたら縁の無いものっぽいですね

171 名前:P

2019/03/14 (Thu) 04:47:36


「観の目強く、見の目弱く」(by 宮本武蔵)というのと同じことを感情にも言えるかと。

これは剣術の鍛練の教訓ではありますけれど、視覚に引っ張られて
身体の動きがおかしくならないように(変動しないように)
そもそもモノを凝視しないようにする癖をつけるようにという私なりの解釈をしていますが

感情も視覚と似てそれ自体かなり身体のリソースを消費する関係上
感情が荒れて来れば、身体動作も荒れてくるものだし、
日々変動する種々の感情に応じた身体動作の練習となると、やっている暇がないので

感情や感覚の入力をいったん切り離したところでスキルや技能を磨くことになるわけで
それが最も発揮される場面となると、やはり「平常心」ということになるのではないでしょうか。

もちろんそれに伴って視覚であれば「観の目」のように見通す視覚が養われれば良いと思うし
(それは松果体が第三の目とか、天才は共感覚を用いるのが上手いとか)

でも、そんなもの実際問題として文字情報で読んだくらいで伸びる能力ではないですよね。
(文字を読んでる時点で凝視してますし)

それでモノを凝視するなと教えて、目を瞑って勝負しようとする輩を排除するために
観の目強くという一節が入ったのかもしれないと、想像するばかりですが。

(だから文字を読ませる時点で観の目は弱くなってるので、逆効果だと言えるかも)

感情にも似たことが言えて、感情や衝動に左右されないように習慣づけることで
魂の大感情とも言える「感動」を妨げないようにすることが目標となってくるのですが

これも文字で読んだくらいで上達するような話ではないので、
日々取り組んでいるスキルや技能について各分野で精進を重ねるのが道となるかと思います。

感情で身体動作がぶれるようだと、上達にほど遠いというレベルは
勝敗の決まるスポーツ関係だと競争がある分、ライバルという壁にぶち当たるのは早いかもしれないですね。

170 名前:P

2019/03/13 (Wed) 21:19:44


>>169 それでは感情を用いないで何を用いるかというと、通常はスキルや技能になると思います。

感情は使うと消耗しますが、スキルや技能は使うことにより増進して向上しますから
使って増えるものを使うように心がけたいものです。

そういうわけで、何の作業か分からないですが、とにかく何かやっていれば上手になりますから
良い生活習慣に向かっているように見受けられますので何よりだと思います。

どんな職業でも中級者に差し掛かるとこの問題に取り組むことになります。

例えば、レストランで調理を担当する料理人の人に聞いた話だと、

「自分が腹が減っている時には味付けがどうしても鋭くなって、
 場合によってはややきつめになるし、腹がいっぱいのときは味がどうしても優しくなる」

こういうのを、レストランの方針にもよるけど、味覚などの感覚に頼らず補正するスキルを持ってないと
均等な味付けの料理を提供することができないことになりますよね。

どんなに味覚や感覚に優れるとしても、それを頼っていては成立しない場合もあるので。

そしてレストランに来る客は例外なくいつでも空腹の客が来ますから
そういう感覚や感情の非対称性を自分の仕事に活かす技能を持っている人もいて
そういう場合はかなりの達人と言えそうです。

169 名前:9

2019/03/13 (Wed) 15:41:51

>>168
普段ここで書いている内容も感情に左右されてるので感情を無駄遣いしないためには
感傷で考える事自体を控えないとなので行動自体から無駄なものを省かないとですね

先行きがない事に関心を持つ事自体を避ければいいのかな、とりあえずやってみます
こういう内容ってこれこれこうだからこうしてみますというふうにできるものではないですね


感情の無駄遣いはいけないというのは以前から何度も教えていただきましたが
なかなか意識して出来るものでなかったですね、でも今なら少しは実践できる可能性があるかな

以前よりは日常が作業で埋まってますし、忙しくて無駄な事する余裕がない方が
無駄な感傷は持ちにくいかな

168 名前:P

2019/03/13 (Wed) 08:28:48


>>166 >それより感情というセンサーを起動させずに

すごく大切なことだと思うので、強調しておきたいのですが
「感情をセンサーとして利用するのはあてにならないのでやめましょう。」

もっと別の尺度の判断材料を獲得した方が良いです。強く強くお勧めです。

例えば、人生に好ましいことが少なくて、嫌悪すべきことが多いというのも
だいたい均等に起きたことでも、ネガティブ側や損失側は3倍くらい重く解釈しがちに
もともとの感情がセッティングされていて、しかもそれが日々変化する。

壊れた計測器で何を計測したって、余計に分からなくなるだけだと思いませんか?

ついでに補足してしまうと、そもそも感情を何かに使うのも控えた方が良くて
表に出してしまった感情は、表に出す以前の純粋さを持っていません。

つまり表に出した瞬間から激しく酸化して劣化する。

感情とは仕事などの行動に込めるべきで、感情を外側に放出するのではなく、内面に開放する。
望ましい感情を導くための行動を積み重ねることなどを心がけることがよろしいかと思います。

大変難しいだろうとは思いますが、強くお勧めです。

167 名前:9

2019/03/13 (Wed) 08:26:13

基本的にここに書いていることは実行が困難で誰でもできそうでできない事なので
なんとか少しでもやり易く甘い方法を模索しがちですが、読み手に合わせて迎合すると
質が劣化しまくって読むに値しないので、やはり社会性と経済性に傾くと情報自体がゴミになるので

読み手を考えても妥協はいけないですね、引き寄せの法則のような読みやすいゴミに
陥るとこでした、読みやすいものに価値は入れにくいもので難しい

166 名前:9

2019/03/13 (Wed) 07:03:24

>>165
自然の法則を優先して社会性とぶつかり孤立しそうなときの対策になるかと思いましたが
感情で取り扱うかぎり情報量が無駄に上がり結局保存量が減りますか

なかなか都合よくはいかないですかね、それより感情というセンサーを起動させずに
あるがままを記憶していく、情報に余計な感情を動かして無駄遣いしないということですかね

感情で味付けしなくても日常の稼働率が上がっていれば脚色やファッションなどの
上掛けがなくても良質ともに十分満ち足りるということですかね

そう考えれば物語を盛り上げる演出は日常の稼働率の少なさをカバーするための
もののような気がしますね、なんか寂しい感じもしますがこれも代償というか
何かを得たら何かを失う事で、今まで無駄に消費していた感情でもあるのかな

165 名前:P

2019/03/12 (Tue) 22:00:38


>>162 一見理屈が立っているようにも見えますけど、それだと引き寄せの法則と変わらないですよね。

まず、感覚に善悪で色付けしてしまう悪い癖から直していかないと
(すごく難しいですが)
多くのことをアクセス可能な記憶領域に留めておくことはできないだろうと思います。

メンタルが低下しがちな現代人の場合、すべての事柄を好ましく思うのって
薬物の助けでも借りないと実現不可能じゃないですか。
(人為的にお花畑とかにならないと)

感覚に善悪で色付けして、取り込む情報を(エントロピー上げて)圧縮しようとしているので
現代人がメンタル低下するのは当たり前なので、放っておいても良いのですが

この情報圧縮のメカニズムというのは、人生には好ましいことが少なくて
嫌悪すべき事柄の方がずっと多いという、自然にある性質を利用しているもので
別に陰謀論とかでなっているわけではないです。

環境調整から入るとしたら、自然法則に逆らうようなアプローチになってしまいます。

それではどうすればいいのかというと、すべてがただの事実の羅列になっていれば
その人の能力の範囲にはなりますが、飛躍的に記憶容量は伸びていくはずです。

好ましいことにも、将来悪いことが含まれるし、
嫌悪すべきことにも、将来の生きる糧が含まれる場合があります。

陰陽思想と言っても良いし、孔子の説いた中庸でも良いかもしれない。
認知療法的と言えば確かにそうかもしれないし、
その中の一派にゲシュタルト認知療法なんていうのもある。

つまり赤ん坊のように心地よい時には有頂天になり、
不快な時には泣き叫ぶという、幼いメンタルを脱するということで、

快・不快の軸の他に、物事を評価するための指標を獲得するということでもあります。
それが大人になるということだと思います。

もちろん、良いことばかりではありませんが。

164 名前:P

2019/03/12 (Tue) 21:43:47

>>163 >楽な生活環境の代償

それだけメンタル低下していても現に生きていけているので
それは誰かが代わりに働いてくれているからですものね。

何もしないで生きていけるなら、それが一番得してるとも言えますが
果たしてそういう人生は生きる価値があるのか?という問いかけですね。

ネットで研究論文を読めるだろうと思うので、探してみてもらいたいですが
(私もまた読んでみたい)

王族とか極めてロイヤルな人々のメンタルの健康度に限って低下しがちな現象
しかも世界的にそうだ!という、精神科医とか心理士等の専門家による
まじめな研究論文がありました。

あれほど人々から尊敬され、生活に困ることもないはずの人々が
メンタルが低下しやすい生活習慣にあるという、ある意味ビックリな逆転現象ですが

生命の摂理を考慮すればきわめて当たり前のことで、ロイヤルな人々にも相応のご苦労があるってことで
すべての生き物は平等ではないけど、公平に作られ運用され、回っているとここでも感じます。

ここでイギリス王室の話を例示すると白々しいですが

「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」|Newsweek
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/post-8999.php

王子の結婚相手がいまいち国民的祝福を受けられない問題
ご本人は相当辛いだろうと思われます。

163 名前:9

2019/03/12 (Tue) 16:01:00

メンヘラ問題は若い世代になるほどキツい、昔の近代化が全てを変えていく前は
精神が安定してる大人が多かったので良い影響を得られたが、今は精神を磨り減らして
おかしくなってるやつが普通に多いから若者もどうしたって悪影響を受けてしまうわな

俺らの時代とは違って子供時代を伸び伸び過ごせなさそう、代わりに情報と人と繋がる
手段は増えてるので万事休すでもないが経済性と教育性は同居できないので
やはきつい、自己啓発書もあれだが近くの人間に学ぶくらいなら自己啓発書のほうが
ましかな、どっちにしても楽ではないが楽な生活環境の代償なのかな

162 名前:9

2019/03/12 (Tue) 14:47:15

癌の手術を受ける前に大勢に報告にいった人が対応に不満を漏らしていたが
寂しさとは他人にどう思われているかではなく、自分が他人をどれだけ記憶しているかで
感じなくなるものなので、他人を薄情だと感じるなら要は自分が他人に興味がないことを
露呈することになる

他人を記憶するには相手を好ましく、又は肯定的に思っていなければいけない
重要でない情報は脳に圧縮して底に沈められるか削除されるから

良いところを発見するには他人興味を持ってないといけないので人を尊敬しなければ
いけない、人間は簡単な生き方を美しく感じる事ができないので
美しいと感じる生き方をしている人とであわなければいけないのだが
そういう縁を持つには簡単な生き方をしていると会いがたいのが難しい所だ

我何達を敬うなぜなら何達は全て成仏するからだとい文面は違うが24文字でこれを
表している内容が法華経体現しているように、人を敬う事が肝になっている

美しいと感じれる他人の情報の価値は高く、例え関わる人間が少なくとも質が高ければ
例え一人で居ようとも、記憶の相手が死んでいようとも関係なく孤独にはならないのだ

逆にいつも大勢に囲まれて出会いアプリでマッチングしまくっても相手に興味を
尊敬を持てなければ大勢のなかで孤独を感じ寂しさを洩らす

なので強行して孤独になっても妥協して馴れ合っても寂しさの大本には関係
なかったりする、なので自分は簡単なものを軽蔑する、1%が諸悪の根元という
MAXコーヒーのような甘さと自分にだけ優しすぎる簡単さは

甘甘メンヘラとの出会いしかマッチングしない

人間関係を乗り換えまくる高回転型メンヘラはメンヘラ同士ばかりで出会って
互いに軽蔑しあって続かないのだろう

軽蔑するしかないような人間さえ敬えたら最強ではあるが理屈はたっても実行するのは大変だ

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
人口減で世代交代が進まない習い事、趣味、芸と娯楽の文化
1 名前:9

2019/01/02 (Wed) 11:26:32

どの領域の集団でも同じ課題を抱えている、それは同じような面子で代わり映えしないこと

49 名前:9

2019/03/20 (Wed) 07:35:18

>>47
餌を素朴なカロリー低めのにして食事消化の仕事を増やしても、動物園で餌を貰うという
宿命上食料を採取する仕事がアウトソーシングされてしまい、カットされた作業量を
闘争による外交仕事でバランスしないとですかね


巨大な敷地に自生した食料になる植物があればいいけど土地の値段的問題で不可能ですね
野生の餌のほうがいいのでしょうがそこだけで全部の収支をカバーすることはできないですか

48 名前:P

2019/03/20 (Wed) 05:41:31


努力の結果、ペットとして飼われるのに成功した例|南アフリカの絵を描くブタ
https://www.youtube.com/watch?v=XHfCkc8VCuI

作品の方もかなり人気が出てきたらしく、SWATCHとタイアップしてる他、値段もかなり上がってきてるそう
村上隆が小山登美夫ギャラリーでやってた(初期の)頃に肉薄するくらいではないかと。

現代で最もいい絵を描く勢力の一角かと思われますが、
個人的には絵を描く象さんの方が芸術的ポテンシャルはあると感じてます。

(体制次第でもっと伸びそうな感じがする)

47 名前:P

2019/03/19 (Tue) 22:46:32


>>44 >ブタの野生種が猪だから

そういう話が出たなら、そろそろバナナの野生種の話を書かないといけないかなと
(めんどくさくて何年も続きを書かずに放っておいてしまった)

昔に動物園のサルには店で買ったバナナを与えるべきではない、
糖質が多すぎてケンカが増えたりする現象が観察されたという研究論文の話をしましたね。

それでは何を与えれば良いのかというと、例えば野生種のバナナでしょうね。
東南アジア原産とかで、現在でもフィリピンの山奥に行くと自生してるらしい。

それで野生の猿も食べるし、野生の人間(つまり先住民)も食べるらしい。
そして、その野生種のバナナには種があります。種で増える。

つまり作物のバナナは大なり小なり品種改良されていて
野生のサルが家畜化した人間の食べ物として相応しいってことになります。

但し、野生種・原生種・在来種・改良種・遺伝子組み換えといってもいろいろあります。

動物園のサルは遺伝的には野生種になるのでしょうが、
飼育されてる分エントロピーが高い生活してますよね。

店で買ったバナナを与えたからケンカが増えるという観察だと
かなり統計のマジック的な要素が強すぎると私は思っていて、

動物園で飼育しているからケンカが増えるという要素をもっと織り込んで
計算してあげないといけないと思ってます。

ほんとうに野生のサルは意外にケンカをしないという研究成果が出始めていますが
野生のサルの群れと動物園のサルの群れは態様が異なるからですね。

動物園には檻とか柵とかがあって、群れで産まれたオスの子ザルが群れから離脱できません。
それで雌雄を決して群れでの序列をつける必要性が人為的に発生して

マウンティング合戦とか、ケンカが頻発するようになったという要素は無視できないものがあります。

それで、私は買ったバナナを山に持っていて野生の猿に与えるのはダメだと思うけど
動物園だったらしょうがないじゃないか、と思いますね。野生種のバナナなんて売ってないから。

46 名前:9

2019/03/19 (Tue) 08:10:57

可哀想が可愛いで、見た目の為に障害持ちにされた交配ペットはすぐに病気になって
体も壊しやすい、飼い主が助けないとろくに生きれないのが可哀想で可愛いなら
意味あってるしむし人を助ける為に生物として劣化してるのが正常進化か

ガーン、完璧じゃないか、ちょっと生け贄ぽいが

45 名前:9

2019/03/19 (Tue) 05:42:06

命の他者救済による投資効率を考えると少ないとびびって大胆な手を打てずに負ける
金融投資とか麻雀とかと同じですね、負けはじめると更に負けやすくなる


人生は勝負とよくいったもので、教育まで強さが全ての原始世界とはシンプルすぎて
泣けてきますね、これではいくら屁理屈を並べても全ての失敗要因が
弱かったからという実も蓋もない事になるので、ああ無情ですね

44 名前:9

2019/03/19 (Tue) 05:30:35

>>42
ブタの野生種が猪だからあれくらいの潜在サイズはあるんでしたね、自分の力で生きてる
猪は死に怒りがないどころか人間に向かってくるくらい恐怖もないようですが

食わせてもらった豚は死ぬのが怖い、自分の命を支える力の割合の自己拠出が減るほど
己の命の掌握率の低さが恐怖と不安を生む

そういった恐れを癒すためのペットブームであり子供を自殺に追い込む教育親でということか
自分の命の掌握率が高いと恐怖は少ないので他の命を育むコストが失敗しようが
成功しようが余裕で気にならないので子供の自主性に任せてのびのび育てられるが

自分の命の少なさを他の命を活かし育てる事で恐怖を克服しようと追い込まれた人間は
育成コストの投資が失敗する恐怖に耐えられないので子供を支配し道具にする

助けられっぱなしは恐怖で他を助ける事を強制させられるので一方的に
助けてもらう事ができない


そして自分の命をもて余してなくても他を活かし育てる事は更なる強さを獲得する力になるので
師弟制度は必要があって存在するものだろう


ポイントは命が弱い状態で他の命を教育をすると失敗する確率が上がってしまうのが
悲しいね、弱まった命こそ、うまくやらないと文字通り命取りだというのに

それにして命というのは良くできているな、何をしようが損得のバランスが取られてしまう

43 名前:P

2019/03/18 (Mon) 21:47:55


>>41 >食べ物を自分で狩らない代わりにペットも色々苦しい目にあってるな
>楽した分苦しむという意味では人と同じような事になってますね。

ペットも保険に入る昨今ですから、
宗教の勧誘なんてしてみるとハマるペットも続出するかもしれない。

42 名前:P

2019/03/18 (Mon) 21:30:05


>>41 ペットの適正なんてないですよ。ものすごくでかくなるんですよ。
ミニブタですら「ちょっとだけ小さい」だけですから、あんなの家にいたら邪魔です。

それに食いしん坊すぎる。

三大珍味の一角、トリュフ探しというのはその昔は豚が担当していたらしいのですが
豚は上手にトリュフを探すけど、見つけるとそのまま食べてしまう事故が後を絶たないので
現代では犬が担当することが多いそうです。

41 名前:9

2019/03/18 (Mon) 15:26:29

>>40
ならペットとしての適性もありますね、今日は久々の晴れなので一年寝かした草を
あれしてきましたが水に浸けておくというのはあんま意味なかったですね
酸素がないと腐りにくいですね

帰りに動物病院を見かけたけど繁盛してるなーと感じましたが犬も猫も年々弱くなっている
イメージで品種改良で不遇にされて弱いのもあるけど昔のペットフードがないころ
味噌汁ぶっかけ飯を食わされてた時のほうが圧倒的に長生きで丈夫だったなあ

米より肉のほうが犬猫食生にはあってるはずだけどやはり人間より飯にコストをかけれないせいで
どうしてもあれな素材がきてしまうからかな

食べ物を自分で狩らない代わりにペットも色々苦しい目にあってるな
楽した分苦しむという意味では人と同じような事になってますね。

40 名前:P

2019/03/18 (Mon) 08:30:25


>>39 ニュースで飼ってる人の話を読んだ中に書いてありましたが
豚は基本的に犬と同じくらいの賢さで、犬にできることは豚にもできるそうです。

犬との違いで言うと、やはり食いしん坊すぎて性格的な弱点があると思われます。
犬の方が教育によって、性格や振る舞い、マナー等にバランスが出てくる気がします。

39 名前:9

2019/03/18 (Mon) 08:14:30

>>37
それって食わないでって暴れるブタより百倍可哀想ですね、なんというかすごくキますね
というかぶたってそんな賢かったのですか

38 名前:9

2019/03/18 (Mon) 08:08:54

>>35
そこは大事なとこですね、賢い投資家世界の手柄をほとんど持ってかれて
人の労働価値が下がって特定の利益が出る仕事しかできなくなり労働の
多様性が失われたので、いまいちど低すぎる人の労働力価値に合わせて
生活コストを下げれば実際の低い労働価値に見合う値段付けができるので

労働の多様性が復活しますね、いうなら賢い奴に全部収穫され済みの空の畑の上で
政治で共食いしてるだけともいえますね

全ての仕事が終わった後に仕事をしようとするから共食いになるわけで
まったく間抜けな絵ですね

なので生活を代行せずに身の丈にあった労働をすればいいだけで
今までの生活コストを下げていくのも自由な値づけをするための布石ですね

共食いの発生は正しい需給が成立してないからで、自分が見えてないだけとも言えますね

37 名前:P

2019/03/18 (Mon) 08:06:02


>>36 そういうわけで、食べるとしたら野生動物や釣った魚の方が気が楽ですね。

春なので子ブタを買ったよという家に見せてもらいに行ったことがありましたが

その家をブタなりに観察したときに、どうやら人間に食べられる動物と
食べられないで長く飼ってもらえる動物がいることに気がついたらしく

やたら犬のように愛想を振ってきて、尻尾も振るし、撫でると喜ぶ子ブタがいて
可愛いというより、むしろ可哀相に思いましたね。(日本語の語源は同じですが)

その家は犬も飼っているので、努力すれば自分も長く飼ってもらえるかもしれない、
と思ったのでしょうが。

36 名前:9

2019/03/18 (Mon) 07:53:16

>>34
野性動物には生きる必死さはあっても怒りはないとかありますね、漫画の猟師の言葉ですが
しかし人間が餌を与えて飼いはじめると動物も人間のような苦痛を感じるのか

飼い主に放置され続けた犬は放置され過ぎると自傷したり山に入るときにやたらほえまくったり
餌をもらった分人間の狩の手伝いするか散歩で主人を歩かせるか、なんかしらで
役目を果たさないとおかしくなるような

35 名前:P

2019/03/18 (Mon) 07:48:37


>>33 それを言うなら石油を掘って儲けた人、ウランを掘って儲けた人にも同じことが言えますよね。

私に伝統的な在来・慣習的農法のあれこれを教えてくれた師匠は(断じて自然農法とは違う)

「食べ物なんて雨さえ降ればいくらでもタダで採れるのだから、
 自分もタダでいくらでも働く。自分は働くのが好きだから、それで問題ない」っていつも言ってました。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
[法律対応で]肥大しきった法と行政システム[ジ.エンド]
1 名前:9

2019/02/10 (Sun) 18:12:43

暴力を減らすために作られた法が屁理屈という加工で暴力装置として機能しだすのは
緩和で果てしなく薄められる個人の力への絶望感か

16 名前:9

2019/03/20 (Wed) 07:26:34

>>15
尊い事ですよね、今までの生活を続けて定年後出番が無くなったり元気に活動できる
体を失ったり、突発的に倒れたりしてくれる人が社会を破綻させずに生活習慣を変えていく人間を
守る礎になってくれてるわけですし

それに社会性が高いお陰で生命の収支が破綻した人でも流血するような目に見える形で
削られていくのではなく、内側の見えない部分からテロメアが減少していくので

落ち目を他人に目撃されにくくて、負けた感が薄まるので隣組や町内会や仕事場での
面子も保たれるわけで、老後に長老ポジションが消滅したところでなんの問題もないですしね

誇りある後退を選択できる社会性の高さはとても優しい世界ですね
男は誇りのために死ぬと言いますし

そのかわり船から逃げ出す者は社会性抵抗でプギャーされる可能性があるので
ちょっとは恥ずかしい思いをすることもあるでしょうが

後年の出番を消滅させない為と何より活動力の源泉を強化していくリソースの為に
やることやらないとですね、社会性が高い国では強化していくコストが高くつくので
再投資回転の難易度が跳ね上がりますからね

そりゃあ切り崩し型の社会生活のほうが良いと感じるでしょうね


どちらを選択するかの決め手は後年でリソースが尽きていき打つ手が無くなって
イマイチな終わり方を許容できるか許容できないかで決まるでしょうね

どちらも配分の順番が違うだけで全体では同じようなものでしょうしね
でも運用強化できるぶん先払いのほうがお得かな

15 名前:P

2019/03/19 (Tue) 23:31:08


>>14 沈む豪華客船タイタニック号のようですね。

逃げる人も、沈む人も、両方がいて、それで生態系が成り立っている。
それで沈む社会が沈む人を優遇しなければいけないのも、これは立場上仕方のない話であり。

誰を責めても仕方がないように思いますね(諦観)

14 名前:9

2019/03/19 (Tue) 22:49:39

>>13
とても経済的ですね、でも小を殺して大を生かすのも統治者の仕事なので仕方ないですね
それが結局一番多くを活かす事でしょうし

この護送船団方式から抜け出す人が続くと本体が沈むかもですしね
慎重な操舵が求められる

13 名前:P

2019/03/19 (Tue) 22:32:59


>>12 AIが出稿した広告の期待通りに行動しない奴はKY認定とか
そういう社会ならすでに到来して久しいように思いますね。

12 名前:9

2019/03/19 (Tue) 22:09:47

>>11
大き過ぎても(価値が高くても)駄目っていう辺りに効率化の定めを感じますね
良い悪いではなく全体の動きのために許されない、そしてそれは人にまで適用されて

範囲外は認められないので切り捨てるしか手がなくなるという

11 名前:P

2019/03/19 (Tue) 21:19:30


>>10 スーパーに魚を納品するとき、この種類の魚はこの大きさの範囲でという「規格」があって
その規格の範囲内ならいくらでも買ってくれるのですけど、
範囲外だと雑魚になる。(値段がつかない)

小さ過ぎるのに商品価値がつかないのは理解しやすいけど
大きく育って美味しいものにも、範囲外だと商品価値がなくなってしまうところがどうも。

その規格を前提に流通全体が最適化されているからなのですけど
(それでシッポのところまで綺麗に刺身がとれるように、とか)

海は工場ではないので、そんな規格通りに魚が釣れるわけはないのですが
安くないと客が買わないので、そういう無理がまかり通るあたり、

この話にも似ているなと思いました。

10 名前:9

2019/03/19 (Tue) 19:53:04

金になる個性は評価されるけど金にならない個性は敵対勢力としてマークされる

9 名前:9

2019/03/19 (Tue) 19:51:03

>>8
経済力が大きくなると密集して生活するので強力な同調圧力で秩序を守らないと
面倒な事になるので空気を読まなくてはいけないので、そういうの不得手な人を
障害者として弾く

全てはお隣が近すぎるの無理があるんですよね、ほらバーベキュー殺人事件とか
自分も殺されないように気を付けねば

8 名前:P

2019/03/19 (Tue) 11:33:28


>>6 逆に可哀相なダメ男を必死に働いて支えるタイプの献身妻というのも昔はいました。

女性の発達障害だって従前だったら結婚して家庭に収まって、
多少困ったところがあったとしても、家庭内で処遇していた時代が長かったところ

(多少生活力が余分にあって、リーダーシップが強い男の人なら何とかなっていた)
(個人的に苦労は多かっただろうけど、魅力的な人が多かったから名誉でもあったことでしょう)

しかし近年様々な理由で未婚化が進んできて、大人の発達障害を社会で処遇するとなった時
様々に問題が表面化してきて発達障害ブームが起こって研究されてきたという流れも無縁でないと思われます。

7 名前:P

2019/03/19 (Tue) 11:04:01


更級日記に「例の猫にはあらず、聞き知り顔にあはれなり」
という用例がありますね。猫が可愛いという文脈ですが。

似たような時代の他の文学(枕草子)には
「得たるはいとよし、得ずなりぬるこそいとあはれなれ」

これは気の毒で可哀相という意味で使ってます。

6 名前:9

2019/03/19 (Tue) 07:49:05

可愛いの語源は白粉で鉛中毒を耐える芸者が可哀想なのでしたっけ
そこまでしないと生活できない可哀想さが可愛いで

金融と公権力がまだ未発達な時代は社会のルールより自然のルール(物理暴力)
のほうが強い立場なので女性を可哀想と思う機会が多く婚姻需要が高かった

翻って現代は痴漢冤罪で邪魔な政敵を社会的に抹殺したりできるほど法の力が
充実しているので可哀想と可愛いが生まれにくくて婚姻需要が減り人口減

不思議な感じだ弱さが女の性としての強さだとはな、そして近代化で弱った男は
リーマンがJKJKとはしゃぎオタがロリに萌えるのも男の弱さが女の更なる弱さを
求めた結果で小学校の登校を父兄がつきっきりという迷惑な事態を招いている

こうして近代化した国は移民無しでは人口の減少を止めれないので自然破壊する
社会が勝手に自滅していくので自然破壊にも自動的に歯止めが掛かるので自然破壊を
心配する必要はないということですね

おまけに移民で貧富の差も勝手に埋まっていくと

5 名前:9

2019/03/04 (Mon) 21:43:23

5Gでデータ回線と電話回線を同じ帯域で使うのも民主攻撃かね、いっしょくたにされたら
身分証明がなくても契約できて戸籍の重要性が薄れる

口座作らせないとかほかにも色々あるけどそうやって役場を利用せずに先端技術で生活を
カバーしていくと民事での裁判で出頭させれないので現行犯逮捕か捜査令状がでるような
大事しか警察力が機能しなくなり令状無しで自由に捜査できる恐ろしい世界へ?

とかめちゃくちゃですね、それなのに発送電分離がとろくて国内の電力会社をイワせれてないので
攻めが足りなくて自民有利やな

さっさと海外からの電力を受け入れないと民主もおしつぶされそうだな
アジアの電気入れて原発を潰しても互角にならない差があるのに遅れてますな

4 名前:9

2019/03/04 (Mon) 20:59:28

闇金ウシジマ君の新刊出たので読んだけど暴排条例ってかなり凄い内容になってるね
ホテル飲食店入れない通帳作れない携帯持っただけで詐欺で捕まる

賄賂でクリアーできるけど賄賂を出せるほど稼げてない場合はヤクザをつづけれない
やくざになっても稼ぎにくいから若手が育たないのと、証拠隠滅のために海外から実行人を
連れてきて一回やったら帰国するみたいな

帰国されたら他国への捜査はできないからな、日本の警察がいくら優秀だろうと日本内しか
捜査できないので暴排条例を強めるほど犯罪がグローバル化していくのはなんともだな

いくら法律で締め上げてもやくざの仕事の需要を増やしているのは金融緩和からの
市場介入と市場の乱高下なのでどんどん国の機能に頼らない独立した組織になっていきそうだな

預金口座を作らせないのは一時的に抑止になるかもしれないがそのうち海外で使われている
送金手段とか日本の機能に頼らないシステムを築きそうだ


というか暴排条例ってやっぱ公務員潰しというか民主潰しの作戦ぽくないかな
日本の行政機能を使わせないようにすると役場に縛られない組織が育っていき
警察が取り締まりきれなくなっていくんじゃないかと

法律で暴力を押さえ込むほど実行でしにくい暴力の値段が上がっていくけど
緩和するほど暴力の需要は上がるので先端技術を駆使した暴力産業の成長の
のびしろがありそうで嫌な予感しかしないな

マイクロ波動の死体焼却炉とか暗号通貨とか最新の技術ってやっぱ暴力の世界でこそ
光るものなんだねえ、堅気の生活ではあまり出番はないけど


日本の治安は借金力で成り立つのにあまり締め付けてやくざ世界を独立強化させてしまうと
潤沢な税金が使えなくなったときやばいと思うんだが、そもそも目指す目的が
全く違う方だったりしてな

国のインフラを使わせない、一見人を大事にしてるようで、狙いは資本が最強の
世界を築く力としてしか作用しないと思う、危ないよこれ
需要はあるのに縛り付ける、これは超進化しかねないのでは

3 名前:9

2019/02/13 (Wed) 21:58:02

スルガ銀行のごむたいなは一見残酷だけど、借り手を保護しすぎて大家の家賃回収のハードルを上げて
それに対応するために保証人というやっかいなシステムで保険を取ると借り手に負担が掛かって
相互に負担を掛け合って共倒れしてネカフェに客を取られたり

生産緑地化法が終わった土地が安くなるのを見越して都市部にアクセスしやすい
地域にプレハブ建設を狙う若手が現れると

そりゃあ賃貸で儲けるなんて難しくなるので騙して売り付けるしかないわけで
法律で負担をキャッチボールし続けている間に全体が死滅しかねないので
法律が選択肢を潰していくうちに、地域通貨に逃げられでもしたらやばいですよね

半農半Xも働いたら負けに侵食されてる証明みたいなものだし、移民で日本人に負担を強いても
経済を回さないと円を稼ぐのは暇なときだけとかになったらどうすんのって話で
そろそろ真面目に仕事しないと資本主義の洗礼が迫っているのだが

気づいてるとこはふるさと納税で手段を選ばなかったり、移住者に農地提供とかしてるわな
グローバル化はな、通貨依存してる人間は絶対回避できんからな
早めに慣れたら痛みも出ないだろうに鎖国し続けれると思うのか逃げ切るつもりで
延長波が多いよね、ほんと転職に弱い文化というか

2 名前:9

2019/02/10 (Sun) 18:30:54

フラジャイルという病理医の漫画で、医療ミスの訴訟が増えたので、誤診を減らすために
人員不足を解決するのではなく、訴訟対応用に高い保険にはいろうずw

ってなってズコーな場面があったが、こういうのってよく、あるあるで既視感ばりばりってね

いやまあ失敗して死にましたとかなると訴えられずにいられないし別に間違ってないが
訴訟された側にも心はあるので訴訟で攻撃されたらあと引くよね
そりゃあお客さん意識でガン治療で殺された殺されたなんて言われたら

患者に治療方法を全部選ばせたくもなるもので、ひどい食事と運動不足の結果を
全部病院におっ被せようとすると笑顔の裏で冷戦になっててもしかたないとこで
更に救いがないとこは西洋医療だろうと東洋医療だろうと受けとるエネルギーと
与えるエネルギー収支の成績が悪いやつは方法に関係がなく乙してもらわないと

タンス預金が動かないので人が許しても、金は許さんという事で
人の理屈や法など所詮上部の体裁でしかない事に直面するだろう

そして人もまたエネルギーの流れの中継点でしかない事を感じて身の程を弁えることが
できれば、支払い不履行で体を流局させられずに済むかもな

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
(移民)文明の衝突(グローバル化)
1 名前:9

2018/11/09 (Fri) 09:05:56

どの国でも移民と現地人とのトラブルは絶えないが、戦争の金勘定を国民に回せなかったので
移民でカバーする必要が出てきて、他人事とも言えなくなってきた

移民を門前払いする日本の負の不動産事情が移民を食い止めるか、それともなんらかの
補助や抜け道を開発するか、そこが勝負の分かれ目か

なんにしても他国の移民トラブルで予習が必要かな

46 名前:9

2019/03/14 (Thu) 09:02:32

そうですね、閉じ籠る体力が切れてきたので移民受け入れするわけですしね
自然の法則には逆らえない、であるなら面倒な選択をして行くほうにしか活路が
残ってないということで

45 名前:P

2019/03/14 (Thu) 08:52:48


>>44 >移民は必要ない、移民労働者の労働力を当てにしないで、ただ働けばいい

現状をかんがみるに、これこそが机上の空論だったりして。

44 名前:9

2019/03/14 (Thu) 08:39:20

>>43
移民は必要ない、移民労働者の労働力を当てにしないで、ただ働けばいいということですか

理屈はいらん、ただやればいいですね

食料品の輸入が増えているみたいですが円が高いと寄生が捗るので労働力不足になるし
国債や日本株買い支えを止めるべきなのでしょうが利害でがんじがらめで身動き取れませんw

このぐだぐだ感が今までの成果でございますね

43 名前:P

2019/03/14 (Thu) 08:20:44


>>42 BOP層に負けないくらい劣悪な環境でも働けば良いだけなのですけどね。

42 名前:9

2019/03/14 (Thu) 07:26:57

>>41
英国のEU離脱も米の高齢化と社会保障費の負担等の近所で金銭問題なんですね
日本の社会保障費は最高に魅力的だけど戦争と同じく大陸から離れた浮島なので
攻略されるのは最後の最後になるんでしょうね

地続きで移動できる今より良い国に移民して経済力をつけてから日本のような
社会保障の強い国を目指してもいいかな

これもまた経済力と高齢化の合流で平等が進んでいきますが既得権益を持つ者にとっては
とんでもないことなので、権益を保持したい人はそれを叶える政党を支援して
移民を押し止めねばという感じですね

しかし守ってばかりでは経済が衰えるので移民自体は必要で攻める側も守る側も
大忙しですね

41 名前:P

2019/03/14 (Thu) 01:04:45


>>38 アメリカが(心の底から)移民に寛容なわけではないと思いますけど、
建国の歴史からして、移民の排斥が政策として堂々とやりにくい、というのはあると思います。

(大統領が過激な発言を繰り返しているうちに、近年はかなり変わってしまったかもしれませんが)

伝統的には移民の排斥は主に水際作戦に力を入れてきたのかなと思ってまして、

NYやLAにはサンクチュアリシティという謎の(社会的)制度?があるのですけど
一説によるとニューヨークにいる人間のうち3分の1は不法滞在者だという話もあり
(こういうものに正確な統計なんて存在するはずがありませんが)

どうしても建国の歴史を踏まえると、公衆の面前で古い世代の移民が新しい世代の移民を取り締まるのって
社会的大義が掲げにくいものとして、避けられてきたという傾向はあったと思います。

(やってもすぐに反対運動が起きるので余計にやりにくいというのもあったと思うし)

それに引き替え、ブレグジット絡みの移民排斥というのはこの古い世代の移民といっても
アングロサクソン人がグレートブリテン島に移民してきたのが5世紀のことですから

新大陸の移民に比べて1000年くらい古い話になってくるのでリアリティが異なります。

イギリスの先住民であるケルト人が、移民排斥をやるならアングロサクソンも出ていけ
と言ったところで、昔のこと過ぎるのでイマイチ説得力に欠ける。

それで、こういう意見の広がりは出ていない模様ですね。
話の構造は米英で同一なのですけれども。

ブレグジットもだいぶ紛糾してまいりましたね。

40 名前:P

2019/03/13 (Wed) 21:23:31


>>39 そうそう。メキシコ政府がビザも住居も仕事もありますよと申し出たのですけど
応じる人がほとんどいなくて、スマホで調べて情報をしっかりしたものを持っているので

「すべての面でアメリカの方が良い」と言って、向かって行ってしまったんですよね。
しかも歩いて。

39 名前:9

2019/03/13 (Wed) 16:03:28

移民キャラバンってメキシコ地元民ではないのですね、少しでも生活しやすい国へと
移民を続ける人達でメキシコ政府が就労ピザを発行すると

こういう事を知っておくのもつまらない感傷を持たないようにする事にはいいかもですね

移民を受け入れないと若年世代減って国が衰退するので移民は必要といっても
そうそう自国の都合の良い移民が成立するとは限らない

38 名前:9

2019/03/13 (Wed) 15:18:37

米は移民に寛容な国だと思ってましたが、そんな大事になってたんですね
同じ大陸内だからこそなのでしょうが、もし日本が陸続きなら移民開始で
えらいことになってたでしょうね

移民を拒む理由としてはやはり米の中の州で低所得層に税金を投入して治安レベルを
上げないことを許せない中層上層所得の国民が自分達の州は自分達で運営するとか
独立していってるからですかね

米のように巨大な稼ぎの企業がいる国でも社会福祉の負担に国が耐えれないとか
じゃあ日本はどうなるんだって感じですね、日本も人数制限で防波堤はしっかり
対策してますが規定人数越えたときに力ずくで叩き出す準備はできているんでしょうかね

こういう金勘定都合で叩き出すときには建前である平和平等人権等のスローガンが
国を追い詰めるので綺麗事を叩ききるのかすっとぼけるのかどっちにするんだって
最後の審判が来そうですね

実は平和平等人権は地元民の利権であって金持ってない外様に与える気はないという
汚い正体を白状しなければいけない段階にきているのでしょうか

それというのも国の機能より金融やグローバル企業の生産性と手柄の方が大きいので
国の機能が人類に詰め寄られている段階に来てますね


そして政府が転覆するだの格差がどうだの言う連中が不法移民を手助けするかどうかでも
格差是正や平等が本心か嘘か白日の元に晒されますね

普段平和平等人権などと宣っている人がどうするかが見物ですね

そういう事を考えているとBOPビジネスを進めているやつらが一番偉いでファイナルアンサーですね

37 名前:9

2019/03/13 (Wed) 14:42:43

そして厄介なのは米だろうが露だろうが中国だろうがどこの大統領だろうが総理
だろうが貶めたり持ち上げたりして利益が出る場所が山ほどあるので下手な作文でも
なんでも出しておいて60億の内百人しか信じなくてもコスパがいいので出さない理由が
ないとこですね

そういうわけでフェイクニュースの山に埋もれて本当に問題が起きても見分けが
つかなくなるだろうな

36 名前:P

2019/03/13 (Wed) 09:22:48


>>35 米国と言えば、トランプが阻止したい移民キャラバンの所得層というと
ちょうどこのBOPのちょっと上の方になるんではないですかね。

(本当に最下層だと歩く余裕すらなかったかもしれず、報道写真で身なり等から推測)

きちんと先進国の既得権益が保守できているのか、成す術無しだったのか、

あるいは評価する人の立場によってもまちまちになるだろうとは思いますが、
ちょうど歴史的転換点に来ているようにも見えますよね。

あそこまで詰め寄られて、それでも先進国の既得権益を守る大義って
今後はどのように掲げられていくのでしょうかね?

35 名前:9

2019/03/13 (Wed) 08:00:16

>>34
陰謀論でも特に酷いのが米軍良識派が米の支配層を捕らえるか殺してくれるみたいな妄想で
いくら妄想でも雇い主に給料貰いながら税金で購入した兵器を雇用者に向かって撃つという

米軍良識派とかいうのを完全に頭おかしい人に仕立て上げて、さあ殺ってちょうだいと
期待するとかすんごい考え持ってますね

しかも自分は一切手を汚さないお手軽な設定で


まあ黒歴史を妄想しちゃうのは中二の仕事なのでそれはそれでいいけど
格差を是正されると緩和策で他国の資源を貪っている我々がピンチになるので
差別はこれからも続けていただきたいとこですが


BOPビジネスを進められるとまだまだ甘い汁が吸えたはずの期間が短くなる恐れがあるので
グローバリストを避難するのは略奪者として一応筋は通っているのでは


仰るように先進国の強みを甘受をまだまだ続けたい所ですがITのプラットフォームを獲得できなかった日本は
格差を手放さないために金融緩和はまだまだ必要ですが円の価値を下げて手に入れる
資源の代わりに日本の労働力の価値が下がっていくので労働意欲が低下するマイナスが
押さえきれないですね

他国の面のとサービスを買い叩く権利の代わりに日本人労働者の必要労働時間が増えていき
労働法で守られた分の利益はパワハラで支払わせられるので略奪好きのダークサイドの住人なのに
いまいち景気がいいと感じにくいというまずいことになってますね

これが社会性というリソースを粗方消費してしまったものが行き着くとこですが
生産性の高い職業の人はまだまだ平気なので社会が急に変化することもな
ゆるゆるいくのでしょうね


ドラ10でそうだけど緩和された世界では共認を獲得するコストが跳ね上がるので
大金をしょうもないことに注ぎ込める人以外は働いて認められようとか
金と共認を同時に求めるような横着な考えは持たない方がいい

緩和で労働価値は減っているので他人から共認をもらおうとなんて甘い考えは
もってはいけない、今までの十倍以上かかるんじゃなかろうか

そんなむりするより、自尊心を失う要素を減らす防衛の方が効率がいいだろうな

志が低いですが

34 名前:P

2019/03/12 (Tue) 22:23:05

>>33 陰謀論サイトなんて見ると、グローバリストの人を激しくdisっているのが散見されますが
TCP/IPの登場で情報格差というのが従来通りの保持が難しくなってきて、エントロピーが上がってるわけで

つまりは自然現象で起きてることなので防ぎようないし、特定の人をdisっても何の効果もないものです。

グローバル化を考えるときには、「同一賃金同一労働」という一見美しい言葉があるじゃないですか。
日本で低賃金で働いている人にそれではBOP層の人々と同一労働で同一賃金でやっていけますか?

(肉体労働し通しで、月給10~20ドルで社会保障なし、みたいな)

ということを基準に物事を考えなければいけない時代になってきたということです。

今はそれでも(緩和したとはいえ)情報格差がやんわりあって、
先進国と新興国の格差もまだ少しだったら残ってます。

それで先進国に生まれ落ちたのを良いことに、その格差を謳歌しているのが現状かと。

でも、エントロピーの法則というのはそういう優位性が時と共に失われていくことを
自然法則として示しているものですから、泣いてもわめいてもどうにもならないものです。

33 名前:9

2019/03/10 (Sun) 23:58:44

平等や差別の批判、格差の是正等の理屈で強者から利益を奪う戦いは移民を受け入れてない場合は
自分達の利益を増やせるので助かるが移民を受け入れてしまうと、そういった理屈や建前で自分達が
収奪され返されるので暴力は連鎖するという自然の摂理を感じる事ができる

英語でおk?という言葉に差別だーと吊し上げて言論と法執行でリンチという事案があるそうだが
日本では温泉での外人の入浴マナーが悪すぎて日本人以外禁止にしたそうだが
それも外国人差別だっつって裁判か労基かに凸して外国人お断りの看板を撤去命令させたそうで

その闘争心と自立性にヒエッ!?ってなったな

普段は利権的な特があるものだが文化の違う人達が移民してくると平等と差別という言葉は
嫌でも異文化を受け入れなくてはならなくなるかもしれないので心配になってくる

経済力の差は裁判などの手間隙のコスト面で有利だし近代化社会には攻撃に転用できる
法律がたくさん有るのでやっかいだが、一度作った理屈も法も使用したら逆の立場で使われて
攻められる可能性があるので法整備がしっかりしてるほど移民でゴタゴタしそうだ

おまけに円を刷った分だけ火種を起こす需要が増えるのでそれも合わせてやっかいだ


無用な争いを避けるために余計な組織には関わりたくないとこだ

32 名前:9

2019/01/28 (Mon) 09:30:19

>>31
腹式呼吸は大分前に何度かチャレンジしてみましたが、筋肉血液の酸素をエネルギーに
する効率が悪いのか運動しながらだと酸素が足りずにゼイゼイと口呼吸になるので
できなかったですね

免許を捨てて全て歩きにしたのと水汲みで酸素効率が上がったのか坂道でもぎりぎり
腹式呼吸できるようになりましたね

基本の身体のエネルギー効率が悪いとエントロピーを下げエネルギー効率を向上させる
腹式呼吸もやりづらいものがありますね

やはり一足飛びにはいかないもので、無駄を排除して身体の基本性能を確保しないと
エネルギー収支を改善する資格を得ることができない


社会に貢献せずに資源を浪費すると、エネルギー収支を改善する方向に向かっても
行かせてもらえずに1%が元凶とか宇宙人がどうたらとかのフィクションに監禁されて
足止めされる抑止力というか調整力というかだな

だからこそ情報を読み込むだけでは、力を受け取れるかどうかは決まらないので
資格を得るために実践あるのみなんでしょうね

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
信用創造
1 名前:9

2018/11/09 (Fri) 08:09:19

一般的に借金と例えられるが、返済を担う人間と割合が明確でないため借金というのも
ちょっと適当でないかも、通貨を増やすことのメリットとデメリット

41 名前:9

2019/02/16 (Sat) 18:34:19

信用創造していくということは労働者の未来の労働力時間が増えることで
人の寿命以上の労働時間が計上されていっているが、1日24時間以上は
増やせないのでいくら洗脳しても限界があり

そういう都合で生産性が落ちていくので物々交換とか地域通貨とかで工夫しないと
働きたくないぞとなってくるとまずいので移民でもなんでもして無理矢理経済を
回さないと領収書を切らない闇経済に潜られても困るだろう

システムをしゃぶりきらないと気が済まないのは平地が少ない島国根性で日本人の性なので
仕方無いが鎖国しないと土地の価値が食糧自給的に下がるので結局日本式をグローバル経済が
お仕置きしてしまって困るのが

農業保証で林業がオワコン化してしまうとこで、頻繁に山に人が居ないと移民等に
されたい放題になって、土地の所有って何?おいしいの?とかいう展開もありえなくも
ないのは日射病の多発で被爆の程度が測れるわけで

日射病の問題が暑さではなく酸化と還元の往復が激しいとこに由来するので
土地の所有は暴力無しで成立しないのは刑務所を賄賂で出ることができる地域で明快だ

40 名前:P

2019/02/03 (Sun) 01:44:25

>>39 単純に金額で比較した場合、一日1~2ドルのBOP層の所得を年収に直すと数万円。

日本の生活保護基準って(時と場合によるでしょうが)
フルに受給した場合余裕で100万円を超えてくるでしょうから、2ケタでかい額の話なんですよね。

だって生活保護が出てるなら、5000円程度のスマホを60分割で買ったりしないじゃないですか。
まったく違う所得層の話なんです。

どのくらいの人がそれを目指して日本に押し寄せてくるのかは未知数ですが
世界的に見てもたいへん珍しい制度なので、注目までならされるだろうと思います。

(日本人にとってはごく当たり前の制度ですけどね)

先進国という範囲で見た場合、就職して失業する前から失業保険の給付がある等
日本の生活保護に類似の制度というのは世界的にはとても珍しく

フランスにはひとつあったと思いますが、
特別な能力や才能を持った人を保護するような制度だそうで、万人向けではない。

(人類にとって保護する値打ちのある人物は、フランスで保護しようとかいう考え方らしい)

オーストラリアなんかにも昔は生活保護に類似の制度があったらしいのですが
移民が増えてくるにしたがって、そういう社会保障のアクセスは国籍保持者に限定されることとなったらしいです。

やはりアメリカのように広く浅く、できる範囲で現物支給という制度となっている国が多いことと思います。

39 名前:9

2019/01/29 (Tue) 15:21:42

>>38
日本の攻略に向いている漫画なら闇金ウシジマ君とかですかね、半グレが経営する
大規模無低とか健康保険で睡眠薬と抗うつ剤とかを処方してもらって睡眠薬は
犯罪者へ、抗うつ剤は覚醒剤欲しい人に、血液検査して仮病とばれるような血液系の
病気とかは無理でしょうが健康保険は3割負担がお得なので移民勢には換金性が良いと
判断されるかも?

ウシジマ君でも生活保護受けさしたホームレスに派遣仕事(就業したら生活保護は違法)をさせて
働きが悪いやつは足を切って障害手当てもらうほうに切り替えてましたね

治療に行きたいけど犯罪者なので病院にいけないし警察にも頼れない人

発展途上国にはものごいのために子供手足を切るやつとかいるくらいだし
健康保険と生活保護は最初に目をつけられる場所でしょうね


アメリカのような移民を受け入れている国に日本の健康保険のようなものが
ないのも当然なんでしょうね、フードスタンプみたい形にしないと大勢が
群がって社会保障費がもたないのでしょうね

それで社会保障費に寄生しにくい仕組みにしてもそれでも社会保障費で
警察の治安能力に不備が出て不満爆発という状態なので大変ですよね

そしてその先の終着点が税金をたっぷり納めて治安の良い州
税率は高くないけど治安は自己責任でねな地域とすみわけるわけですね


日本でそういう事にならないように移民の受け入れ人数を決めてコントロール
しようという腹なのでまあ大丈夫なのでしょうが30万人だか40万人程度でで労働賃金を
下げること波及するのだろうかってとこですね

38 名前:P

2019/01/29 (Tue) 00:36:28

>>37 の続きになりますが、

マンガ好きなら知ってると思いますけど、海外でも日本のマンガは人気あります。
でも、海外で展開されるときには吹き出しの中のセリフの部分しか翻訳されないじゃないですか。

当たり前ですけど、吹き出しの外の音や擬態語・擬音語ってマンガの絵の部分と一体化しているから、
それだけだとなかなかディテールまで伝わらないという問題が昔からあったそうですよね。

あと、こたつでミカンを食べるとか、日本人なら当たり前に共有している状況
(この場合はのほほんとリラックスした情景とかになると思いますが)

こういうコンテキストなんかも外国人が初めて読むには難解な場合があるから
文化的な参入障壁というのは昔からかなり研究されてきていると思います。

そういう長年の参入障壁を乗り越えようという努力が前提としてあって、
諸外国のテレビ放送で宮崎アニメとか、ドラゴンボールZとかが普通に放送されるようになってようやく
日本人と同等の作品理解というのに到達してきたのが近年のことかなと思います。

海外のすごく辺鄙なところを旅行していると、日本人どころか外人を見るのが初めてだという子どもに
「あなたはドラゴンボールZの国から来たんですか!すごいですね」とか言われます。

マンガ好きな人(転じてコスプレ等含む)の間では、そういう研究を長年やっているし、
そういう人々にとっては日本独自の法制度や参入障壁の理解や回避なんて言うのは
いたって簡単に実現するだろうと思いますね。

37 名前:P

2019/01/28 (Mon) 23:06:20


>>36 >日本の生活を攻略するマニュアルなんかを開発されるとまずい

これは結構昔からある古くて新しい問題というか、風潮だと思いますが

現代のインバウンド勢の観光旅行って、
成田に降りて東京見物した後、新幹線に乗って京都に行ってだいたいおしまい

みたいな定番コースを修了して中級者となったらならば
2回目以降は日本人と同等どころか日本人でも知らないような場所を観光すると言われてますね。

富士山の写真が綺麗に撮れるという(外国人の間で)有名なスポットがあるらしく
そのためにわざわざ高速バスを予約して、何もないようなただの高速道路の停留所で
写真を撮るためだけに外国人観光客が押し寄せているような状況だとか。

特にタイ人の日本観光はリピーターが多い関係で、かなりこだわった旅行の仕方をするらしいです。
たぶんそういうタイ人にとって重要なインフルエンサーがSNSにいるんだと思いますが
以前読んだニュースの風潮だとこんな感じらしいですね。

タイの日本への旅行ブームは本物だ! タイ人の心に刺さる意外な魅力|インバウンド特集レポート
https://www.yamatogokoro.jp/report/4455/

36 名前:9

2019/01/28 (Mon) 10:25:46

>>35
情報格差で通貨高の弱点を補っていたのにBOPビジネスが平等にしていくと経済の強さで
搾取してきた強みを維持できなくなりそう

よく1%が転覆するみたいなお花畑設定を出すことありますが正確には金を吸い上げておいて
ろくに労働生産性を上げない働きの悪い消費者がグローバル化で追い詰められる
というほうが現状に則しているかと

金融緩和が進むほど投資にはリスクが増えてきますが、リスクを抱えてとうしするやつは
働き者で世界に必要な存在なのでこれが落ち目になることはないだろう

おちめになるかもしれないのは収支の成績が悪いやつで政治家役人なんかがそれだが
国民が金融緩和に依存している間は働き者の状態で通る

政治家が終わるときは働いたら負け状態で労働者が領収書を切らなくなった状態だろう

まあ何十年も先だろうが、賃貸の保証人制度や役場の手続きの煩雑さ等の非関税障壁が
移民勢を跳ね返す力として日本の労働者を守ってくれるだろうが

生活保護等の社会保障、その他のセーフティーネット、法律等を活用して
日本の生活を攻略するマニュアルなんかを開発されるとまずいですね

それに近代国家以外って土地の所有概念が薄いので空き家とか平気で使うだろうし
公共設備とかを活用されるかもしれないし色々隙だらけだからな

あと移民で怖いのが、アメリカで英語使え!という発言がパワハラ?とかになるらしく
現地民と移民との権利が平等かされていくと、村意識の無い移民勢がグローバルスタンダードを
日本に強制して日本式でいると苦しむ事になるだろうな

ここで大変なのが公務員とかで、いつまでこ人気の職業でいられないと思うな
移民が来ると、とにかくめんどうな事が頻発するだろうし

だからこそ日本独自の習慣とか隣組とかは捨てとかないと重荷になる
今は外国人の比率が低いので日本式を押し付ける同調圧力があるが
移民は増えると参政権とかで強力に育つ可能性があるのでやっかいだ

日本の流儀に従えといったり日本語で話せとか言ったら差別主義者!って弾劾
される可能性も移民の成功率で変わってくるからやばいよね

1%がーとかひがいもうそうしているあいだに、技術の進歩が格差を埋めていき
今まで買い叩いていた勢力に逆襲される可能性がある

強者が弱者にて追い落とされるみたいな妄想を逞しくしてて、本当に消費社会の住人が
後進国に人間に攻め困れるとかなったらコントだぜ


これが荒唐無稽な話でもないのが困るとこでな

暴対法でヤクザが追い詰められているので移民でマフィアが進軍しやすい状態にお膳立て
されているのもやな感じだよね

翻訳もAIとかを活用して使いやすいものにされるとあれだしな

治安を維持しないと土地所有の概念をグローバル的に壊されるかもしれないのが怖いとこだ
日本の資産ってバブルで弾けて塩漬けされて眠っている不動産とかが多いだろうから
移民進められると役場銀行が絶体絶命なんだよな

移民勢とのトラブルを嫌がった若い世代が都心付近に移住して有料警察に守って
貰うようになると塩漬け不動産がマッハで国債借金が際どくないかとな

で逆に言うと地方の土地がゴミくずになるので山付近で生活する原始人の一人勝ち
にならないかwっていうのもあるな、ポイントは1日1$の人たちと同じ程度か
それ以下にまで生活を縮小させて競合しないことだな

35 名前:P

2019/01/27 (Sun) 23:05:23


>>34 そうそう。

5万円の高級機種でも、5000円の激安スマホでもアクセスできる情報自体は同じじゃないですか。
そういう意味では以前あった情報格差のうち、そういう分野の格差は消滅してしまってますね。

従前ならそういうネットの情報に触れるはずのなかったBOP層が
初めて情報のアクセスを手にしたとき何が起こるか?ってことで、

便利な翻訳機能もありますから、世界のどこに移動するとどう有利か?ということも
隠しておけなくなってきていて、知ってる人はみんな知ってる状態になってきてます。

どこに行けばどんな社会福祉が受けられるから狙ってみようとか、
そういうことを考える人が爆発的に増えている。

先進国でスマホの情報くらいしかアクセスできない人にとっては苦境の時代となりそうです。

34 名前:9

2019/01/27 (Sun) 18:10:07

>>33
BOPビジネスってグローバル経済で世界が平等になって良いことばかりですが
近代国家で生産性があまり高くない仕事じついている立場だと怖いものがありますね

銀行もATMも無いような地域でもスマフォを50回ローンで買えばスマフォで金の支払いが
自由自在で近代国家の強みであるインフラのリード分が無くなってしまう
近代国家の弱点は通貨が高くて労働力を海外に売りにくい事だが人件費が安い国は
インフラや教育の不十分さなどの弱味があるので、一方的に負けたりはしなかったのだろうけど

そこら辺の格差をBOPビジネスで埋められてしまうと、通貨が高い分近代国家では
高等な仕事しか成立しなくなり借りての居ない賃貸物件を掴まされたりの国内での
仁義なき共食いが盛り上がるので困りますね

33 名前:P

2019/01/26 (Sat) 22:01:13

1日1ドル生活だと世界人口の中央よりは下だと思われますが、

ちょっと範囲を広げて1日1~2ドルという所得層で考えれば、
だいたい世界の中位・真ん中辺となり、この階層をターゲットにした商売が
BOPビジネスとして世界的にすごく流行ってる分野になりますよね。

底辺どころか、実際はここら辺が中央値なのですが、
消費生活をする階層としては底辺だという意味合いになるのでしょうか、よくわかりませんが。

5000円で買えるスマホとか、
1000円もしないケータイとか、そういう極端に安い商品群。

(そういうものに60回ローンを組んだりして買っているんですね)

BOPビジネスとは対象とする人数が極端に多いため、ものすごい台数売れます。
ひとりひとりの所得は少ないけれど、5兆ドル以上の市場があると言われており
潜在力としては日本一国ののGDPをはるかに凌駕するポテンシャルを持ってるとされてます。

(日本で言う貧困につけ込んだビジネスや搾取系の貧困ビジネスとはだいぶ意味合いが異なります)

そういうわけでBRICSをはじめ新興国ブームが去った後は
ここの階層の消費がものすごくアツイわけで、好景気に沸いています。

実際そこの国民生活も豊かにもなっているようです。

スマホの普及もものすごく進んできましたから、そのうちトイレットペーパーも
普通に使われ、消費されるようになっていくはずですね。

ここ数年の傾向として言えるでしょうか。

32 名前:9

2019/01/26 (Sat) 12:18:52

資本主義が国家権力まで組伏せつつある今日この頃ですが、金貸しや資本家を敵視するのは
勧善懲悪の見すぎのゆとり勢で労働法の弊害がみえてないのと同じ程度の低さだが

今までの統治より優れているから支配者が交代していくだけで、生活を破壊しながら
以前より改良されて再生するのにいうまでも責任転嫁をし続けるのは重度のお上信仰の
指示待ち人間の証拠になる

資本主義の恩恵を受けれず害ばかり受けるのは経営者的思考が足りないからで
誰かに手を引いて貰わねば歩けない問題を抱えているだけで、資本主義の取り扱いさえ
うまくできれば、いい目は見れるのに文句ばかり抜かすのは権力や利権をしゃぶりすぎて
他のことができなくなってるだけなのだ

特別な地位に居なくても日本にいるだけで日本もスケールメリットを享受でできるので
気づかないだけだろう、1日1$生活とか紙で穴を拭いている人間が世界人口の3分の1
しかいないとかで察せれるだろう

行き詰まったり文句が出るのは古い常識を手放さない頑固さにしかないのだが
学校教育がそういうふうにするので仕方無しかね

31 名前:9

2018/12/27 (Thu) 20:26:28

この先どんな習い事が流行るか分かりませんが大勢が参加するほど人気が出るものが
出てきたら参考にして頑張るといいと思いますね

これからの新技術で既存の価値が失われ、その代わりに人が詰めかける何かが
出てきて飲み食い以外にも盛り上がる分野が出てくるといいですね

なにか新しい時間を掛ける価値があるものが出てきたときのために
運動くらいはやっておかないと学ぶにしても体を動かすにしても乗り込む余裕が
なくなるのでやっておきたいですね

30 名前:P

2018/12/27 (Thu) 02:11:52


>>29 だから破壊的イノベーションが何度も予定されている自分ルールだったら良いと思いますよ。

子ども時代のまま固定されちゃってることが問題で、
自分ルールも創造的破壊を巻き込みながら成長していくならそれも良いことあると思います。

身体技術の習得も同じで、既存の技術をマスターするだけだと世界一にはなれませんから
(伝統技術の形骸化なんかでそういう傾向がまま見られる)
上級者になるには破壊的イノベーションを起こさないと、ライバルに負けてしまいます。

武道ではこういうものにも守破離といって
ルールは破るためにある、的な定式化されたルールがありますよね。

29 名前:9

2018/12/27 (Thu) 01:38:38

自分ルールがあると社会的な圧力を受けない代わりに社会的な価値観とか相対的価値を
自分の原動力に変えれないので成長の上限がそれだけ絶たれるので痛いなあとわかっていても
どうしようもできなかったですね

社会に振り回されないけど社会の共認力を活かせない、共認も扱いさえ間違わなければ
いい力の源になりますもんね

ただ人に認められるのはコストがかかるので近代化の恩恵を受けて労力はあまり払わない
小賢しく小さくまとまりつつありますね

なぜなら技術革新を待たずとも今の技術だけでも扱いきれない種類があるし
試しきれないほど道はあるからね、そのためには時間が沢山いるので少ない労働で
だらだら試していく方向になるんですよね

28 名前:9

2018/12/27 (Thu) 01:23:23

脳内で自己完結するエアー傾向が高いスピ系が嫌いなのは自分も簡単にエアー化しかねないので
現実で使えない力は全部ゴミってことにしときたいのだが

哲学書や宗教関連の経典読んだら、組織の組織防衛の都合上テキスト内容が
どうしたって扱いやすいエアー化強化になる内容になるのは必然なので
新興宗教を起こす人だけが利用されてる場合かとシラフに戻った人で

組織の便利さと組織を維持する道具を求める圧力のトレードオフでしかないので
読むのも程ほどにして、自分の目的をはっきりしない使われるだけで無益になりかねないのは
普通の仕事と同じで便利さの代償は必ずあるので気を付けないとな

27 名前:P

2018/12/27 (Thu) 00:55:51


>>24-25 で、PTSDの比喩をたくさん使いましたから誤解のないように
もう少し説明しておくと、

「傷つくことで(裏腹だけど)また安心する心理的恒常性」に注目してまして、

これが心的外傷だとPTSDなんで大変な事なんですが、
もし筋肉だったら、強度の強い筋トレの結果、筋繊維が軽く断裂して、
軽い肉離れを起こしながら、筋肉が太くなっていくという

えらく「健康的な話」になってくるわけじゃないですか。

病的だとただ苦しいだけなんですが、ランナーズハイだとだいぶ健康的になりますよね。
そういう組み替え・すり替えが上手にできていればすごく縁起の良い話だと思うんです。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
土地の価値の行方、扱い方、予測
1 名前:9

2019/02/03 (Sun) 11:13:21

土地が資産として維持するか負債と化すかは土地の税と規制緩和と移民対応と
生活保護、健康保険が複雑に絡んで変化するので価値の裁定が難しい

でも一応仮の予測と心の準備はしないとね

7 名前:9

2019/02/04 (Mon) 22:47:57

>>6
>>通貨の量を増減させても、生命体の成長や農作物の収穫等は変化しませんから

これは頭痛いとこですよね、科学が進歩せずに新しい製品が生まれないのに
通貨だけ増えても通貨の担保は地球資源を労働力で加工するだけで
結局誰かが働かないといけないのに

科学が発展しないのでほしい製品が世に出ず、スルガ銀行が客を食い物に
するしかないって必然で、銀行もヤミ金と同じレベルに堕ちないといけない
緊急事態ですよね

通貨の担保は労働力なのに通貨が際限なく増えていくとドバイのように
投資家の手だけでデザインされる世界が増えていくわけで

通貨が増えるということは、通貨を沢山持たないものが労働力の差し向ける先を
決めれなくなっていくことで裁量権を失っていく事なんだけど

金融に対する対抗策も打たずに誰かが1%を滅ぼすとか金融がインチキだとか
間抜けな事言ってるやつがいるが、こういうフィクションを流して得するのは
金持ち側なんだろうけど、よくもまあ確認できない実態の無いものを当てにして
いられるのか不思議だ

やはり自分の手で扱えて体感できる手段じゃないと満足できないな

6 名前:P

2019/02/03 (Sun) 21:22:42


>>4 昔はそんな話も書きましたね。懐かしい感じがしますが。

でも、万人にとって分かりやすい理由ってなかなか見つからないものですよね。
国債保有がリスク資産としてカウントされる、というのは新しい時代になったと感じますけど。

それで万人が納得してくれるはずはないですものね。
(ハッキリ言って、良い説明だと思いましたが)

リフレという社会現象を敢えて自然ルールで説明してみると、
通貨の量を増減させても、生命体の成長や農作物の収穫等は変化しませんから

それが変化しない限り、やっても意味ないどころか悪いことばかりが起きるわけですが
こういう説明も万人向けには弱いですよね。

5 名前:9

2019/02/03 (Sun) 12:14:32

ドバイつながりでドバイのいいとこって投資で加工された国なので地元民が
高エントロピー化してなくて人件費的に多様性が残ってそうなとこなのに
金持ちが投資しまくって治安とかサービスはレベル高いのが資本家が国を管理
するほうが良い国になるという政府のオワコン化を示す証拠でもある

アメリカ日本中国のように国全体で経済成長すると利権しゃぶり100段とばかりに
寄生上手になって寄生に対抗するために民間人も石油依存で多様性が崩壊しつつ
人的リソースが枯渇するので国全体での近代化は最悪なんだよな

だからこそ、アーリーリタイアでドバイで釣りと農業でのんびりして暇があれば仕事とか
羨ましくて許せんとこだわw

日本で資産を持っても人的リソースが枯渇してるので人の労力がかかった良質なものが
てに入らないだろうからな、ドンペリタワーくらいしか贅沢する余地がないというね

4 名前:9

2019/02/03 (Sun) 12:05:16

そういえば以前Pさんが国債借金は自国で引き受けしているので大丈夫という詭弁を
論破してみ?という問いがあってなんか理由を上げたりしてたが

もっと分かりやすいのはバーゼル3で国債がリスク資産と計上されるから自己資本比率を
維持するために無限に円を刷れませんというほうが分かりやすいかな

アメリカもITバブルで復活する前は国債借金で世界から泥棒と非難されてたけど
マイクロソフトGoogleAppleとかの化け物企業が躍進したのでインチキ金融で
世界の資源を略奪する必要性が下がったので、金利を下げて正常な世界に戻ろうとしてますね

そうなるとチョンボで金を刷りまくって泥棒してる国を許すわけないじゃないですかw
ってなって梯子をハズシマーすという感じでオイオイオイってなっちゃうよね

共犯者を見捨てるのかーって感じますね第二ロケット切り離します的な裏切りで
酷くない?

でもまあ貨幣を刷りすぎるとドバイみたいに投資家の力だけで成り立つ国とか
出てきて国家権力が形無しなので貨幣を刷りまくるのも自重するべきなんだろうけど
自重する体力がありませんとなると何を生け贄に捧げるべきか悩むとこでしょう

3 名前:9

2019/02/03 (Sun) 11:39:23

今ごろになって移民を進めるのは遅いのだがそれでもやるのは、土地との人口比率が偏ると
治安維持とかが危ぶまれるのと税収自体の問題だな

治安が維持されているから土地に価値があるもので、不動産に多くの資産価値を計上してしまっている
日本の弱点でもあるし農協というシステムがそれをさらに弄れないように封印重石として
機能しているので緊縛三角木馬って感じで救いが無い感じがあるのだが

オワコン化したらしたで逆方向の活用が捗るかもしれないので頭痛いだろうな
そういう弱点を刺す為の移民でもあるだろうし複雑怪奇でただの邪推かもしれないが
どう転んでいくかの触れ幅が大きそうな案件なので見ものとして上等ではないだろうか

自殺島という漫画であるように死刑や刑務所だって税金は掛かるし自殺未遂も社会保障を
圧迫するので自殺島の中心設定である皆島流しも銀行の自己資本比率の変更とかで
俄然現実味を増すかもしれんしな

2 名前:9

2019/02/03 (Sun) 11:23:22

困ったことに日本の土地は要らなくなっても勝手に放棄できないという変な仕組みなので

国の対応次第で土地の価値が皆平等に無価値になってしまうと固定資産税の高い住宅地より
山側の過疎地や不便な土地のほうが税金が安くてお得になるかもしれないし
人口減からの公共インフラの整備が疎かになると、水源と薪が豊富な山側のほうが
便利じゃね?という逆転ホームランに可能性も3%くらいは考慮しとくべきか?

そこで土地を放棄する手段として健康保険を滞納して差し押さえをしてもらってから
新たに山の土地を探すのもいいのではないかと思った

しかし健康保険は建前上社会福祉なので、社会福祉が住む家を取り上げる矛盾を
無視して強引に競売にかけるかどうかは、自治体の殺伐さで決まるので
ほんとに土地を放棄できるかは分からないが

健康保険の滞納で住む家を奪った役場の実績があるそうなのでこれは期待できるかもしれない

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
金融破綻しないワケと戦争公共事業が成立しない票換金
1 名前:9

2018/11/21 (Wed) 12:17:46

金融破綻と戦争屋との蜜月がなかなか飛び立たないのは、金持ちだけ一人勝ちで
労働者に票を金に換金する場が与えられなかったせいでオリンピックで雇用を
産み出す票換金があるからって調子乗り過ぎうかれんぽんちだってことだな

せっかく公明唐創価学会が戦争屋と手を組んでダーティーな存在になる犠牲を
払っているのに高価な兵器を山ほど買い込めなかったな

めでたく戦争屋になった公明党だが飼い犬が言うことを聞かなくなった分
補填できるほど金が儲かったのか心配だ

そんでまあ戦争屋のおむうつぼにならなくてはしゃいでるやつもいるが
事はそう簡単でもなく、戦争名目で税金をおもくそ引き出せなかったら
移民を入れて経済を回すしかないので日本の役人権力の隣組とか地域の役所
システムと衝突することになるだろうが

緩和で経済が麻痺しかかっているとこをカバーする先手としての税収の確保の
実需と解離した高い土地の査定が外国人の移住環境を阻むので日本でビジネスできる
富裕移民勢はともかく資金を持たない出稼ぎ勢が日本に着地できるかという問題がある

ここで同じ利害衝突が起きる、税金も無限に使えるわけでもないので兵器に税金をぶっこまれると
役人の金権が脅かされ役人利権と警察権力で外国人労働者の空家不法滞在と戦う税金が
足りるか心配になる

政管民とどれも自己保身しかない全員自己中なのだがそれぞれの自己中がバランスして
うまい具合に環になって移民を遮る防壁となっているがバランスが崩れれば穴が
あく場合も考えられる

実験の50万人がどうなるか気になるとこだな

45 名前:9

2018/12/15 (Sat) 15:49:53

スルガ銀行検索してみたら、アメリカのサブプライムローン破綻のコピーみたいな事
してるんですね、緩和で需要が減ったらそれに合わせて銀行も縮小するべきだけど
労働法が解雇を阻むので給料分働かない皺寄せはパワハラ変換されて無知な個人に
需要のない賃貸住宅というババを引かせる

奪われないように自分を守るとガードできない人に火の粉が降りかかる、与党と野党の
くいあいみたい、仕方ないとはいえ衰退期の侘しさを感じますね

金融と政治が社会を激変させていってるのに人はついていけず、他人に
ババを押し付けて凌ぐので精一杯ですね

44 名前:9

2018/12/15 (Sat) 08:30:31

>>43
通貨を信用しない人が多い国っていうのは自分達の生活スタイルと文化に誇りを
持って生産設備を保持しているから金稼ぎに夢中にならないのでしょうかね

日本もかつてはそうだったのでしょうが、戦争に精神的支柱である皇族、神道、仏教と
全部突っ込んでから叩きのめされたので心の拠り所を失ってしまった

同じ負けるにしても宗教土着信仰を入れ込まなければ、戦後精神的支柱を補うため
西洋哲学を貪るように読み漁る事もなかったでしょうね

それで西洋かぶれになったあと車等の製造業で躍進し過ぎたせいで通貨の力を信用しすぎてしまった
戦争で負けた負荷が人を強くして人口が爆発したのも大きいですし戦争で
住宅を破壊されて住宅需要もあって、やはりマイナスが大きいと反動の成長が凄いですよね


一旦負けて仕切り直したほうがいいような気もしますが、実態経済より通貨を信用しているので
自転車操業が続いていますね

43 名前:P

2018/12/14 (Fri) 23:46:31


一般的には需給バランスで変化すると言われますけど、
「通貨を行使する人の気持ち」というのはとても不思議な作用をするなといつも感じてます。

私はATMから日本円が出てくると悲しくなる方ですが
日本では普通はそうではない、がっつり日本円を握りしめて信奉しているから
多少無茶な政策敷いたところで、金融システムはそう簡単に破壊しない。

今年の重大事件に数えられるであろう、スルガ銀行のあれこれって、
私はあれが1つの銀行だけで済んでることが不思議でならず、

ゼロ金利でマイナス金利の深掘りをしていこうかという時に、
日本中の金融機関がああいう乱脈融資や乱脈経営にならない方が不思議です。

つまり民間企業とはいえ、利益を追求するだけの存在でなかったということで
意外ですよね。(利益だけを考えたら理論上、スルガ銀行の方が正しいやり方だったかもしれず)

お金って大切なものだから、大切に使おうと金融機関自身が思ってるかのようで。
(実際は日本は法律や利益以外にも守らないといけないことがたくさんあるってことなんでしょうけど)

逆に世界各国を見渡してみると、制度的に人為的にどんなに通貨の価値を高く定めても
一向に通貨のことを信用してないかに見える人々というのもいるにはいます。

42 名前:9

2018/12/14 (Fri) 09:57:41

通貨の信用は需給で変化するので回し続けないといけなくてだからこそそれに合わせて
人間も動いていかないと、損しますね

41 名前:P

2018/12/14 (Fri) 07:20:39


>>38 日本国内にもありますよ。ちょっと嬉しいお金と悲しいお金。

2000円札って発行されたけど不人気だったじゃないですか。
あのくらいの価額の紙幣って本来便利なものなんですけどね。

ブスに2000円札が回ってくるみたいな都市伝説があったりして
やたら毛嫌いされてたきらいがありましたよね。

5000円札に間違えやすくてイメージ悪かったのもあるらしい。

同じ通貨同士でも状況が違えば、嬉しい・悲しいあります。

海外の空港の両替所でのことですけど、ドルを買おうというときに
レートの表示が良い店に入ったところ、全部1ドル札になりますけどよろしいですか?と、
1000枚パックの塊をドカンと出されてこりゃ無理だとなったことあります。
(すごい重量です)

逆もあります。ドルを持ち込んで経済崩壊しててドルしか通用しないような国では、
当然銀行ネットワークも崩壊しているのでタンス預金需要が強いから、
50ドル札・100ドル札のお客様はレート優遇っていうのあります。

そういう場合は、(割引価格で買った)1ドル札109枚より、
100ドル札1枚の方が値打ちがあるって状況も発生しうる。

40 名前:9

2018/12/09 (Sun) 09:57:55

質の良い食材を買い支えは余りにも現実感がないですが、もしそこを目指すなら
まず最初にジュースは止めて果物食べるとか、工場生産のパンは止めてパン屋の
パンだけ食べるとかですかね

食材の質の良し悪しの判断はできなくても出所が違う差くらいならわかるでしょうしね

豆腐とか食パンみたいに、安くす工夫をし過ぎてもはや人間の食い物じゃないとこまで
進化した食材なら反動で上質化路線が生まれて普通に売れてるけど

落ちるとこまで落ちないと質の良さの大事さって感じにくいものだし難しいとこですね

外食と加工食品が繁盛してるかぎり質の良い食材を買い支える可能性は見えてこないですが
自炊が流行って、冷凍食品業者が真面目な仕事をすればワンチャンあるかもくらいですかね

なんにせよ広すぎて行動がなにかに影響を与えるかさっぱりわからないですね

39 名前:9

2018/12/09 (Sun) 09:34:55

>>37
薄めすぎて大豆成分が少ない激安豆腐に嫌気がさした層が濃厚な高めの豆腐を
買うように、体が自然とマシなものを求めるなら別にそういう上質を勧めなくても
勝手に進むのでほっといても大丈夫じゃないですか?

ただ肥料とか農薬をばっちり使って質の高い野菜を作るだろうから景気はいくらか
持ち直しても健康面とか労働の問題は変化あるように思えませんが
経済が回るだけでもパワハラは減るので良いことなのですかね、あまりにも
広い内容なので想像もしにくいですが

質の良い物にも種類があるでしょうし高望みしなければ日本でもありえるのかもですが
物やネット上のサービスに大枚はたいてない人でないと質の高い食事を続けるのは
厳しそうなので、そこをどうするかですが

車や衣服の価値が失われていく前提の話ですかね

なんとか地域の黒豚とか何々の烏骨鶏とかいって本物では無理な値段で出して
中身は偽もんとかで味の違いに気付かないから高級路線も頓挫しかかってるような
気がしますが、まず上質な食材の違いに気付くところから始めないとですが

その他アミノ酸のコスパの高さを捨てていかないと厳しいですよね
固形植物油の弊害とか、要は加工食品を食ってる限り高級路線へは進めない絶望がありますね

そりゃあできたほうが良いのでしょうが、こういう話が出来ているのも社会で
大きなストレスを受けていないからできる話で、一杯一杯の人間はマクドとかカップ麺で
宇宙人に拾ってもらう期待で日々を遣り繰りしてるだろうし遠いですよね

38 名前:9

2018/12/09 (Sun) 09:10:27

>>36
ドルとかユーロが世界的に信用があるのはやはり石油取引の裏付けがあって
どちらも通貨の信用の為に戦争して石油の権利をそれぞれ守っているから
数字だけじゃない実態的な価値を持ってるのかな

でもまあ円が信用なかろうがアメリカの国債でヤミ金の相保証みたいなことしてドルはあるので
海外の物や資源を買うのに支障がないので円が強いようにしか見えませんが
実際は信用がないってことですかね

十年二十年前に日本は今回も金出すだけかよ(威圧)と毎回嫌み言われてて
金だけで血を流すのを厭うのってずるくくね?とかありましたね
今は当時と違って金のほうに余裕がないので法解釈で戦争の後方支援やって
金は勘弁してくださいという感じですが

通貨の担保である人や資源の取り合いに参加せずにてを汚さない日本の円は
実際は信用が低いのですかね、アメリカというジャイアンにへーこらする
スネ夫ポジが日本かと思いますがどう思われようが安く輸入出来てるから
やはり円は強いでしょう

ガソリンが安く手に入ることと農地を簡単に宅地に変えて効率が悪いとかで
農業は生鮮食品以外は先がないですね

37 名前:P

2018/12/08 (Sat) 23:41:07

揚げ足取るようで恐縮ですが、
>>35 >食い物を買い支える意味はない

というのは、短期的にはそうでしょうけど、中長期的にはすごく良いんですよ。

この事業者にとって利益率の良いものを選んで消費するのって、
狙うのは期待インフレ率な関係上、実効性がないんですね。

気持ちを煽るだけで、周囲で流行って真似しようと思う人が追随するかどうかがポイントなんです。

もちろんあなたが漫画に入れ込む気持ちや意気込みというのは
痛いほど伝わってきて、ああ、痛い人だなーと良く分かりますから
手始めに尊敬する漫画家をうんと買って応援してあげたらそれは良い経験になると思います。

始め易いのはすごく良いのですが、中長期的に流行らないですよね。そこが問題で。
(流行らすには買ってるだけでは無理で、これまたすごくお金や手間がかかるってこと)

翻って、上質な食べ物・珍しい食べ物などなど、は最初買い支えるのはしんどいです。
確かに。でも、続けていると自然に流行るのが良いところです。

良いものは誰でも食べたいし、食べ物は皆さんが常に買ってる商品だから。
宣伝の必要がない。

一方、農業生産者の経済規模ってかなりでかい人も多いので
(土地持ってるので、ある意味資産家ともいえるくらい)
買って応援するにも、余り少額だと効果ないどころか逆効果になる恐れすらありますからね。

マンガ家の方がより零細事業者だから、より始める際の効率やコスパが良いわけで
そこにもコスパの罠があるってことです。

より意味のなさそうな分野に資金をツッコミ(喜捨みたいな考え方ですよ)
より意味のあるものは自作で賄っていくようにする車輪の両輪です。

神のものは神のところへ、カエサルのものはカエサルのところへ
くらいで理解できた昔の人はかなり偉かったと思いますが、これとも似た話かと。

「もっと高くて良いやつは売ってないんですか?あまり沢山は買えないんですけど」

とか、最初はこんなこと聞いて回ってるとただの痛い人だと思われるでしょうけど、
続けているとだんだん様になってくるはずです。

まあ、実際には誰もやらないでしょうけど

36 名前:P

2018/12/08 (Sat) 23:23:47


>>35 >円が強い っていうのはどういう現象なんでしょうね?

私は日ごろからいろいろな通貨を使うし、その組み合わせもかなり偏っているので
いわゆる立場の違いによる見解の違いになるのでしょうけど、謎な一語だったもので。

質問ばかりで恐縮ですが。

同じお金でも通貨の種類によって、ATMから出てきたときに
ちょっと嬉しい通貨と悲しくなって早く使ってしまわなければと思う通貨があります。

そして、日本円は出てくるとがっかりする通貨です。
関係ないけど、紙幣もかなりべくれているので、たくさん積んでおくと家の空気が悪くなります。

だからってお金だからゴミで捨てるわけにいかないじゃないですか!まさか。
それで日本円は紙幣で受け取ったらできるだけ速やかに外貨に両替したいと思う方です。

外貨両替のセオリーって、よりマイナーな通貨の国で両替した方が良いことがある!
という相場格言みたいなのがあり、

ドルに換えるならアメリカに持っていかずに日本で替えた方がレートが良いものです。
日本では円よりも宗主国のドルがメジャーで、かつアメリカでは当たり前だけど円は弱小通貨です。

(銀行に入ってるなら振込した方が便利ですから、あくまで紙幣を持っちゃった場合の話です)

一方クロス円といって、ドルやユーロ以外の通貨は銀行間でさえ直接取引の市場がないので
いちどドルかユーロに両替してから、世界各国の通貨に両替するその他の通貨は工夫のし甲斐があります。
(実際に目の前でドルやユーロを見ることがない場合でも、業務フローは大抵そうなってる)

それで世界各地で日本円がどのくらいモノを言うか?というのが私の立場での円の強さなんですが
私の行くような所では円はすごく弱いと感じます。銀行でさえ受け取らないところが多いですし。

日本円を持って世界中をウロウロしてみると、通貨というのは実に人の気持ちでできている!とよく分かります。
日本を出てしまうと、紙切れとしか見てくれない人々の方が多いので。

これって為替レートみたいな客観的な指標の問題ではないので、
現地民のお金の使い方や考え方を観察してみないことには決してわからないことだと思います。

最近上がってる・下がってるも少しは影響ありますけど、
やはり現地民の生活スタイル・国民性で決まってくる部分の方が大きいと思います。

35 名前:9

2018/12/08 (Sat) 16:05:04

効率の悪い消費をしても円が強すぎて石油で育てる農業は止めようがないので
食い物を買い支える意味はないとおもいますね

要は日本のリソースは少ないので小さな政府的な産業にお金を落とすべき
ということなのでしょうが、原発もあるし農家の人の待遇面で考えると石油を
使わない農業なんてありえないわけで

もし食べるものに買い支える価値があるとするなら、食材そのものではなく
野菜の苗とか種芋系統とかですかね

それより買い支えるべきなのは漫画とネトゲの課金アイテムとかですかね
老いていく日本の残り少ないリソースで価値を産み出す可能性はこれくらいじゃないかと

ただの好みのはなしになっていますが、大企業や政治が介入しなくても自力で成立
している産業こそ価値があるかと、漫画家なんてリスクだらけで万が一の成功に
賭ける博打みたいなものですが、割りに合わない取引で情熱を浪費できる貴重な分野ですね

近代化してしまった組織の農業は銀行の土地担保貸付け問題的にもどうにもならんので
考えるだけむだじゃないかと、家庭で食物を作る技術を開発するとかならまだリソース的に
足りるかもしれませんが

あと緩和された世界では金の重みが軽すぎるからこそ、食べ物ばかりにかけれないでしょうし
ややこしいことを考えなくても今一番売れてるのが一番必要なものってことで
このままでいいんじゃないですかね

トラクターやコンバイン使わない農業とか日本では想像できないですし

一番過酷な世界である漫画産業が盛り上がっているなら働きすぎなほどの人材は
確実に残っているので、資源を浪費した生活と釣り合いが取れてて良いと思います
体は破綻するかもしれないが、サボりすぎて体より先に脳が死滅するような怠惰な
生き方ばかりでないのでOK牧場

そりゃまあ体を使った農業が復活すれば良いとは思うけど、労働力を金を仲介して変換する
効率の悪さに今までの国債使い込みの負債で無理ですしおすし

34 名前:9

2018/12/08 (Sat) 10:02:35

企業側に利益率のよい商品を買うのも、給料を上げるのも、どちらも一人は皆の為の方向で
皆は一人の為の国債運用とは逆なので、大嫌いな方向でしょうね

問題解決の手段はこの大嫌いな方向にしかないので、皆拒否するので、溜め込んだ金は
半グレ集団のおれおれ詐欺や原発からの老化で回収してもらうとして

どうせ取られるなら先に差し出したほうが醜い収奪体験を減らせるので良いかと思いますが
皆は一人の為をキメ過ぎると目に見えない恩恵とか調整はまったく受け入れられなくなるので
できないでしょうね、それができないからの結果であり、結果である自分を改造できない限界か

これと似たような失敗はドラクエでもあって貯金に執着しすぎて、使うべき時にけちったせいで
その場その場の引き締めと緩和の流れを体験できずに、行動のチャンスを失い続けますます金の
使うタイミングと場所が分からなくなり金を死蔵したまま活躍の場を失っていく

ねとげではここで引退で終わりですがリアルではおれおれ詐欺や原発で酸化したぶん
健康食品や優良な食事で回収される

金は大事なものだが、使う期を逃がすと更に情弱になり世の動きから脱落して戻れなくなる
金は力そのものなので量があればあるほど強いので溜めたくなるのは普通だが
体と同じで使わないと使い方が老いてしまうのが人生ゲームをややこしくするとこか

緩和され続ける世界ではネトゲでもリアルでも緩和されているからこそ必要な金は少なくても
やりくりできるのだが、そのまえでケチって動かなかったせいで使い道がわからなくなり
金の量だけはあるのに動けなくなる

緩和が続く限り金の価値は落ち続けているのに思考停止してそのさきでなんやかやで
回収されるという寒い結果に落ち着くのだが、動かない動けない者は頑張った分を
わりと無意味に喪失してしまうもので、大事なのは金ではなく人生のプレイチャンスを
棒に振ったことになる

一番面白くない展開は待ち状態が長い事で金という価値に幻想を抱きすぎた事かな
やはり金は使い方が難しい

緩和される世界は急速にリソースを切り崩されている社会なので、今まであったものが
どんどん無価値になって次々切り崩す先に乗り換えていかないとなので見切りが遅いと
自分事置いていかれる危険がある

危険があるといっても遊ぶチャンスが減るだけなので大したことはないのだがいつか
必ず滅ぶ生物にとっては遊ぶ機会は一番大事なはずなのでやはり立ち止まると死ぬな

33 名前:9

2018/12/08 (Sat) 09:02:41

>>31
社会貢献は表現としてオーバー過ぎたかな、単に仕事で物やサービスを提供することを
主題にして売ることを主題にしない程度の事ですが、当たり前の事ができないのが
緩和されて共認を獲得しにくい世界なので普通の事が凄いことのように感じますね

社会貢献という言葉で思い付くのはやりがい搾取のブラック企業とかなので社会貢献という言葉も
死語になりかけてますが、公明党が戦争に全力ツッパで平和とか平等とかの綺麗事で
やりがい搾取されてた層が沈してるのに戦争できない悲しさを感じますね

32 名前:P

2018/12/08 (Sat) 07:13:26

確か、セブンイレブンの社長が言ったのだったと思いますけど、

90年代に需要より供給が上回って逆転してしまったから、
これからは消費の開発をしないといけない、くらいの話だったと思います。

生産性を上げても何の解決にもならない、生産性の罠と呼んだのは誰でしたっけ
失念してしまいましたが(調べるのめんどくさくて、すみません)

生産性を上げると現代ではむしろ経営が厳しくなる(余計買ってもらえなくなる)
そこが近代との違いになるのではないかと思います。

だからこれらの時代に安売り競争に走って需要を喚起したのがまずかったというのは
強く同意するところで。移民でなんとかしようとしても地獄を見ることになるでしょう。

原因としては異議無し!なんです。安くしないと誰も買わなくなってしまいましたから。

高品質・低価格という「犯罪」が日本を滅ぼす|アトキンソン氏「労働者の地獄を放置するな」
https://toyokeizai.net/articles/-/211297?page=3

だからといって、最低賃金を上げるというのは今さらやっても意味はないと思うので
提言の後半部分は賛同できないのです。やはり。

給料が倍になっても、皆さんやっぱり安売りのものばかり買うでしょう?
高品質・低価格という「犯罪」の共犯者なわけですから。

それだと需要と供給のバランスが変化しないから金融緩和と同じで大して意味がないだろうと思います。

原因として間違いないのですけど、石につまづいて転んでけがをした人を治療しようというとき、
転んだ原因となった石を取り除いただけだと、ケガは治りませんよね。それと同じ。

だって、今の日本で最低賃金を上げるとして、どうやってそれをファイナンスするかって
それは印刷した紙幣が出てくるだけですよね。

例えば、社会主義国で国民一律の給料を政策で2倍にしたときのことを想像してみてください。
それでは何も起きませんよね。デノミしたのと同じで通貨単位の読み替えが起こるだけです。

戦後の焼け野原状態の時代じゃあるまいし、介在するお金の量を人為的に操作したって
需要にも供給にも大して影響なんてなかったじゃないですか。結果的には。

現代に即した新たな消費の開発はコンビニとかゲーム開発の会社に任すとして、
政府に政策を要求する前にすべき努力が(共犯者たる)一般消費者にはあるはずです。

デフレギャップを解消するような、実際にインフレにするにはすごい資金力が必要だから難しくとも
自分がお金を支払う時に、周囲の人々の期待インフレ率が上昇するような
まさに華僑が言うような「良いお金の使い方」をした方が良いと思いますよ。

こういうお金持ちはお金が無くなったらまた稼げばよいという
バリバリ働く前提があるから、お金があるときにはすごく派手に使うそうですね。

(見た目ほどには貯まらない、とも言うらしい)

逆に日本人だとお金があるときには将来に備えて貯めこもうとしますよね。

誰もやらないだろうとは思いますけど、
安売りのモノやサービスを一切買わないようにする、とか良い方法です。

(ダイエットの方法と同じで書いても無駄だというのは分かってます)

取引相手や事業者の利益率が最大化するように消費行動をする、
できるだけ零細事業者の割高な商品やサービスを消費するようにするとか、

つまりコスパの悪さ・効率の悪さを追求するってことです。
宣伝費の山盛りかかっている事業者を避けるというのも良い方法だと思います。

もちろん経済規模にもよりけりですけど、要は景気とは気持ちの問題ですから
個人消費の範囲でも大きなインパクトを残すことは十分に可能だろうと思ってます。

機序は同じで、順番が違うだけなんですけど、
最低賃金を強引にあげてしまうよりは、かなりマシな結果が得られるはずです。

まあ、誰もやらないでしょうけども。
私は自分でやってみてすごく良かったと思ったから勧めてるんですけどね。

31 名前:P

2018/12/07 (Fri) 22:22:50


>社会貢献目当ての会社

ってどんな会社なんでしょうね?(会社って書いてあるから国営企業のことではないんでしょう)
そういうふわっとした、いかにも雰囲気だけって日本人が好みそうな感じがしますが、
環境保護とかも似たようなところありますけど。

人間のやることって環境壊すことしかできないはずなんだけど、
それでも環境を保護できるかのような幻想ないし空気感でまい進しちゃう人がいる。

だから、この社会貢献もいったいなんだろ?ってことなんですよね。

こういうことってパリスヒルトンに聞かずとも華僑の金持ちなんかに聞いても答えは明快で
お金をたくさん使うことが、しかも良い使い方、これがいちばんの社会貢献になる、と答えるでしょう。

そうなるとたくさんお金を使う会社?

それで大陸のビジネスマンというのは規模の大きい会社とか、
社長の給料が高くて経費も派手に使ってる会社に入ろうとします。

見る経営指標は、利益率とかじゃなくて、売上高なんですね。

その方が自分にもたくさん払ってもらえそうだから、と単純明快。
1円でも多く払ってもらって、自分もじゃんじゃん使って社会貢献しよう、と。

肝心なのは、バリバリ働くのが前提なんですね。稼ぎの大きい会社をもっと大きくしてやろうと思って入社する。
給料や経費が多いならば、ブラック企業でも(日本人ほどは)あまり気にしない傾向あると思います。

日本人は足の引っ張り合いをして、楽して稼ぎたいという欲求が強い傾向あると思います。
互いに仕事しないのが前提だから、社長の給料が高いと自分の取り分が減ると思うから嫌われるんですね。

むしろ、経費の枠が大きい分には「みんなのために使ってる」という空気感が多少あるから(建前だけど)
時々職場のみんなでキャバクラとか飲みに連れて行っていれば経費を派手に使っていてもあまり文句言われない傾向あるような気がします。

他にも日本人の仕事観の変わったところというと、社会貢献している空気を欲しがるので
そういう空気の出ているところに入りたがる所とか。

それで社会貢献にも自分では金も手間を使わず、そういう組織のイメージにぶら下がろうとするのが日本的かと。

「空気」の研究って本があるそうなんですが、その超入門書の書評みたいな記事も面白かったです。
自分ではきっと読まないけど、売ってたら今度買ってみようかなと思う本のひとつです。

なぜ日本の組織は息苦しいのか?今も昔も日本人を支配する妖怪の正体
https://diamond.jp/articles/-/186200

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
近代的生活と原始生活の積み上がる人的コスト
1 名前:9

2018/11/21 (Wed) 10:35:17

便利な生活機能石油電気代行で獲得した得と近代化で発生する無駄に拡散するエネルギーが
産み出す新たな生活の障害

5 名前:9

2018/11/25 (Sun) 23:19:09

ネットの普及で仕組みが大きく変わって社会が変化していってるが、原発みたいに
既に多くのエネルギーを投入した後ってリソース不足で土地も人もいても
イマイチこれはって方向が見えないな

円で動いた生産物だと労働コストのせいで輸入したものものよりだいたいひどいものになるので
イマイチ何をすべきかみえにくいものがある、今大事なのは緩和しすぎたせいで
労働力が活かされないので、売り上げ無視でその仕事をやること自体に価値がある
ものをそれぞれ見つけないととおもうな

換金すると価値がなくなるので、やること自体にプライスレスな価値がないとな
楽しくないだろう

4 名前:9

2018/11/25 (Sun) 23:11:55

せっかく立派な薪割台が手に入ったがイマイチ活躍の場が無い、筋トレ用の薪割り
イメージのようなサイズだと少量で火力を出すことが出来ないので自然と細かく割るために
タガネでチマチマ割っていく、豪快な薪割りの出番はないし、でかい薪は火が着きにくいし

かわかないしで、話になら無い、大きいサイズで燃やすと無だなエネルギーロスばかりでて
美しくない、必要最低限の木で焼ききって火が消えるのがスマートだ

薪のために山の土地がほしいとか考えたこともあったが、実際には木はそんなに
要らない、海で散歩がてら拾う流木でも足りるくらいだ

大事なのは細かく細かく木を裂いて細かくしていく作業だ
薪のために土地なんていらないね、山を手にするなら木を椎茸の苗床にするほうがよさげ

早まって土地を買わなくて良かった、しかし土地の有効利用が思い付かないな
果樹を植えるか野菜を育てるかだが、良いものを作っても原発があるから
輸出で頑張るのも限界がすぐだし、なんとも中途半端だな

都市部近郊しか価値がないといってもネットの普及でそれも薄れるし
この先何を買っておけばいいのか謎だ

また今までのように後になって要らなかったなとかなりそう

3 名前:9

2018/11/22 (Thu) 13:01:21

雨水を含ませたハンカチで体の垢落とし落としするだけで水で流さないので風呂場のカビの心配ないというか
風呂場が必要ない、初めの頃は水で流さないと肌が持たなかったが、全体的な低消費が肪の分泌を抑えて
垢との量のバランスが取れて手軽に体の汚れの管理ができるようになったな

それに体に居る菌の構成が変わったからか、冬場の閉めっきりの部屋でもカビが生えなくなったな
カビキラーとかで殺菌してカビの低構勢力を潰すから次のカビが無双しやすいだけで
細菌のバランスが取れていればそもそもカビの天下は訪れないので、カビのハッテンはほぼ人災なんだよな

どれだけ便利を追求しても便利な事に投入したエネルギーが新たな問題を創造したり
不便を追求して時間を無駄に消費していても自分のエネルギーの使用の循環が問題を無くしていくので

便利不便、どっちに向かっても使う時間は全体的に見るとあまり差はなかったりしてな
こういう事があったりするから消費生活は馬鹿馬鹿しい所もあるが、エネルギーの過剰な使用が
廻り廻って無駄なものを実行する余裕を無くし、少ない時間とリソースで本質的な価値を
追求する流れにもなっていくので

無駄がそぎおとされて結構ではないか、無駄がゆとりでもあるのでちっと息苦しいかもだが
追い詰められるから生まれる利点もある

2 名前:9

2018/11/21 (Wed) 20:27:47

潔癖性の掃除好きが家庭の知恵というか裏技的な掃除テクニックをドンドン出して
ずぼらなまわりの人間に掃除の楽しさを伝導していく漫画があったが

たしかにマンションとかの近代的な住環境には湿気を吸収、排出して湿度を保つ
建材がないのでカビ汚れとかが結構侮れないのだよな、それに木造住宅でも
壁紙を張る西洋スタイルの内装一択なのでカビは生えやすいかも

障子などの空気を濾過する装置もないので空気清浄機等も必要になり
湿度は上がりやすいが乾燥を防げる機能もないので加湿器とかが必要だったりで

近代住宅には余計な設備とエネルギーが必要で更に掃除も大変である

見映え優先で進めていくと余計な人的金銭的コストがかかり、金融への依存も
高まっていく、そりゃあ税金の取り合いも必然だろうな

人間の都合を優先すると、障害が積み上がっていくので、ただ生きるだけで
多くの略奪が必要になり、表面的にわかりにくい収奪構造が目に見えにくい所で
巨大都市とハッテンしていく

特に大した悪意も自覚せずに見えにくい実態では凄まじいロスが出ているが
その無駄が膨れ上がった通貨を保持していく力なので必要であり必然でもある

鉄筋コンクリートの住居はシャワーでタイルからコンクリに熱が伝わるので
シャワーのあとに冷水で浴室を冷却しないと熱でカビが生えやすく

風呂の順番が最後の人はシャワーの後でちゃんと冷やしておいてと言われたことある

ほんとめんどくさいけど、やっとかないと後で更に面倒なことになる

掃除というのは綺麗さに拘らなければ大した手間にはならないが近大生活のまま
常に綺麗にしようとすると、とてつもない手間がかかる


こういう無駄なロスが重層的に積み上がっていく仕組みは当然掃除だけじゃなく
人の営み全てに共通することなので、エネルギー効率の悪さを元から絶つために

生活を省略していく作業を長いこと続けているなあ、まさかここまで長い道のりに
なるとは思わなかった、それだけ社会のシステムに乗っかっていたのだが

便利なシステムの代償に時間という命そのものを取引されるので、半端で止める
わけにもいかない、ここまでし省略の道を進めたのも省略で稼いで取り戻した
時間があればこそで、やはり時間と金の投資運用は、他人の踏み台にされるか
それとも自分の人生を進めるかの境なので致命的なとこでもある

金融のすごさは人を一生生活の為の生活に落とし込む力で、下手したら何もせずに
人生を満了しかねない力がある

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
(浪費)資源とリサイクルで使用するエネルギーとの釣り合い(最高)
1 名前:9

2018/11/23 (Fri) 19:57:15

資源のリサイクルで再利用できるエネルギー量より多くのリサイクル燃料を必要とする
無駄な浪費が貨幣経済を回す命綱

6 名前:9

2018/11/24 (Sat) 20:59:57

誰に攻撃されているのかわかりづらい社会だからこそ、必死に抗う目標を持ちにくい
デメリットはあるけど、攻めている相手が超団体で責が分散されている上にその団体と
攻撃している常識に自分も属しているので余計に対峙しにくいのもある

でもこれには利点もある、冷静に見て考えのんびり手を打っていけるからだ
もし攻撃してくる利害者が単一の人間でそいつが身近な人間の命を取るような事があれば

思いでの数だけ復讐のカタルシスが甘美になるし、さらに脱線するとどうやって
恨みを晴らすかの方法とかシュチュエーションに拘りすぎて全然関係ないことで
人生を浪費して、しかも根本的な人生命題である、守りきれなかった自分を
死なせるまでまた関係ない事で新たな火種を作りつつ、どんどん生の課題を量産して

後の世に残していくので、仇敵が団体さんで尚且つそこに自分も属してて
仇をイメージしにくい状況は強い意思を持ちにくいけど

訳のわからん脱線をせずに済むのでぬるま湯にはぬるま湯のいいとこがあるわけなので
腐らないで、ぬるま湯のメリットを活かしていくのがいいかと思われる

生きている中での悩みの大半は人生のコストが略奪のほうに偏りすぎで
皆の希望の衝突後の分配で略奪される段の守りにコストがさっぱり割り振られてないとこだろう

敵討ちに夢中になるまえに仇を産み出さないようにまもりを固めておけば
人生が大事にドラマチックにならずにすむのだが

どうしても生物はプラス思考じゃないと自殺しかねないので、略奪したぶん
略奪されることが折り込みづらい問題がある

そのおかげで人生ドラマが生まれて結構なのかもしれないがそういった生きる喜びが
強すぎても、問題解決より人生劇場の味のほうに夢中でいつまでも同じような
課題を解決できずに繰り返す

人生の楽しみに苦悩は欠かせないので繰り返してもいいのかもしれないが
問題を乗り越えて少し上の問題に当たる方がもっと楽しい気がするので
やはり古い問題にかかずらっている場合ではないだろう

未知のものに出会うほうがいいにきまっている。

5 名前:9

2018/11/23 (Fri) 20:50:42

以前日本は平和過ぎて日常に危機が無さすぎて治安の悪い国が羨ましいみたいな話をして

世間の支援を受けるために宣伝目的の銃撃受けてきたら?と勧められたが、日本にだって
よく目を凝らせば暴力での搾取を実感できないようぬロンダリングされた吸血システムがあるので

日本でだって敵と相対することはできるさ、手間さえ惜しまなければな、まあそんでも
ぬるま湯なので刺激は不足するかもしれないが、搾取を回避していくということは
公的な支援を辞退していく事なので、それなりに生活に張りは出てくるのではなかろうか

ああそれにしても日本はお上品なので目に見える敵がいないので、間接的に略奪してくる相手を
掘り出さないといけないので面倒だよね、そういった敵というか利害関係を発掘する手間を惜しむから

体を鍛える目的とか意味を持てないので、もしうまく仮想敵を掘り出せたら
愚直に鍛練できるだろうか、できたら幸せだろうな、真摯さとか真剣さとか愚直さとか
近代社会では手に入れがたい価値観だからな、そうやって一生懸命いきれたらなとか
思うわな。

4 名前:9

2018/11/23 (Fri) 20:33:10

世界は完全な平等で依怙贔屓が全く存在しないので、誰かに貧乏くじを引かせて
そのエネルギー収支の流れに沿って人を助けながら便利生活の債権回収でマジガッポしか

ビッグマンになれないので、世間の得と損はひっくり返っていないといけない
つまり頭脳戦なので考える事がだるくなった順に助けてもらってマジガッポというわけですな

でも誰も悪くなく、面倒なことを放り投げた瞬間すきまをドーンされただけの事だ

3 名前:9

2018/11/23 (Fri) 20:24:06

原発の心もこういった無駄な浪費こそ最高の経済政策よという貨幣に魂を惹かれた
人間に末路なので汚染が必然なのが悲しいとこだな

なんで日本がそういう場所にされているかというと金勘定が全てだという証拠でもある
貨幣の魔力に飲み込まれずに使いこなすようになれば被害も減らせるかなといった感じだ

この世は完璧な精度なので、酷いことが多いようでいて、実際のところは
ちゃんと帳尻が合っていてなにもしてないのにひどい目に会うことは皆無だったりする

単に浪費したことに無自覚で、犠牲にしたものにも無自覚なだけで、犠牲と代価は
フェアーだったりする、しかしそこをうまく隠さないと、他者に浪費させないと
人助けしてもうけれないので、それをいっちゃあおしまいよと秘されるのがミソ

2 名前:9

2018/11/23 (Fri) 20:13:43

ガスの空き缶が溜まってきたのでリサイクルに出そうかと思ってぎりぎり間に合わなかった

なんせ半年ぶりでゴミ出しの習慣がないので度忘れしてしまったが間に合わなくて助かった
習慣で思考せずにリサイクルに出そうとしてたがよく考えるとスチールはリサイクルに
コストを掛けるほど価値のある資源じゃない、リサイクルする燃料と人件費で
赤字になる公共事業だった

リサイクルに出せば無料で引き取って貰えるからといって出していると原発と同じ
金勘定が合っていればどんな自然破壊も資源の浪費も厭わない全てを金で測る人間になり

金勘定の原発汚染にお似合いな人間になるのでここはやはり埋め立て費用を払って
空き缶は不燃ごみで出すべきだろう

物事に不自然は無く原発汚染でお下劣がお似合いなのも何でも金で測る生活習慣が
お似合いですよと汚染と仲良しな身分相応なので、実際は自然な現象だったりする

ビニールや醤油やサラダ油のペットボトルも刻んで有料の燃えるゴミでフィニッシュが
一番相応しいだろう、これが一番資源を無駄にしない方向だしな

リサイクルが始まって石油ごみが減って焼却炉の焼却が燃料不足で石油を増加
してるくらいだし、やはり生ゴミとかの熱量が必要になるごみを燃やすためにも
ビニールゴミやペットボトルは燃えるゴミで出す方がいい

リサイクルだと無料だが、無料の代償に税金と資源がどっかんどっかんと
エントロピーが増大するので駄目だな

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
自己啓発本(情報商材) あっ!(察し)
1 名前:9

2018/11/09 (Fri) 10:54:26

テクニックのマニュアルが広く流通すると価値が無くなるということに
今一ピント来なかったが、漫画でマニュアル内容が出てて、あっ!(察し)ってなったな

4 名前:9

2018/11/11 (Sun) 13:23:10

日系ビジネスの記事読むのに会員登録したが必要無くなったのでメール受信しないように変更したが
全部を止めれなかった、メールの案内が邪魔なときや解除してもなぜか来るときはいちいち設定し直すのも面倒なので

全部メールサーバーで拒否するようにドメインから登録していく、設定の反映が遅いとか
関係なくシャットアウトできるので便利だ、普通は長く同じメールアドレスを使っていると
通販とかから漏れるのか、アドレスがまとめて売られてわけのわからんメールが来るが

自動でアドレス変えて送ってくるタイプのBOTでもドメインごと登録していれば
止める事ができる、同じメルアドを使い続けるのは良くないと言われてたが
買い物自体を減らしていければ個人情報と銀行関連の個人情報の流出のリスクも
減らしていけると思う

日系の記事はいいものが多いけど、やはり営利企業なのでスポンサーの意向は
拡大解釈されて現実的でない情報も多いのであまり読まないほうがいいような気が

利益と害が同じくらいなら無しでいいじゃないか?とか考えたりもする

緩和で溢れた金の行き場事情で石油を下回る再生エネルギーばかりで有名無実の
開発ばかりで使われるのはいつまでも石油なんだなあ

色々開発されていても結局石油を越えれないし人件費で再生エネルギーもコスパが悪い
ロシアとかが勧めてきた物理的な断熱壁とかのほうがよほど役に立つ

色々研究されてもコストの問題を解決しない限り今までと変わらない事ばかりで
代わり映えしないな、その点IT関連の技術はどんどんいままでのものをカットしていくので
経済的だが、自分たちの産業が奪われてるだけなのでのんきにもしていられない

自分達の力で省力化していきたいとこだ

資源を節約生活はパッとしないがほかの競合に食われない部分なので地味だが
確実な価値があるよね、しょぼいけど他の技術で持っていかれにくいから
やってて無駄にならないとこがいい

3 名前:9

2018/11/09 (Fri) 11:14:47

本棚でアセンションの文字が発見されるとかも赤っ恥なので宇宙人関係は電子書籍にしとけ

2 名前:9

2018/11/09 (Fri) 11:13:21

飲み屋奢るなんて使い古されすぎてもはや効果がないけど、帰りのタクシー代で
多目に渡す人タラシテク、これって周知されないあいだは効果があるけど本読んでない
人にまで広まると逆効果だよな、知ってる奴がこれされたら、あっ!(察し)ってなって
逆に恥ずかしい事になるな

人に好かれる努力は尊いが、人に好かれようとしている行動がバレたら嫌われる
それは好かれてない実態を晒すためで、人のイメージは良さそうという根拠のない
イメージで創造されるので、悪い要素が顔を出すと致命的だ

人に好かれる会話術の本持ってるのがバレた時のような気まずさがある

秘してこそ価値が生まれるものなので、多弁より沢山聞く方が価値がある事にも通じる
会話は新たな価値創造の場でもある重要な事だが、地を出したりボロを出す急所にもなるので

ただやればいいというものでもない、やはりマニュアルというのはそれを実行しなくても
十分実力がある人間こそが使ってこそ価値があるもので、精神的な哲学とかもそうだよな

それがなくても大丈夫な人間が使って価値があるものだ、結婚も結婚なしでも幸せになる
力を持つものが結婚して幸せになる、何かしらの形態や契約、マニュアル、哲学に
自信の命運を乗せるような惰弱は失敗しやすいのだな

そういや昔やたら飯に誘ってくる奴がいたが、誘う先が回転寿司とかしょぼい定食とか
逆に貧乏イメージつくようなことしてる奴がいたな、金がないのに無理して
逆効果をしてしまうのは泣けてくるな

実弾が無いときは弾薬が溜まるまで待てばいいのにお馬さんとぱちんかすなので
実弾がたまらなかったようで、搾取されるものはいつまでも搾取されるとこから
動けないのだな

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:
    • タイトル:
    • 名前: E-mail(省略可):
    • 画像:
Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.